• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「困った時は女性頼み!?」 “頭数”狂想曲に翻弄される経営者たち

30%という目標は否定しないが、ニンジンは要らない

2014年8月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「おい! これじゃダメだ。あと1人、社外のヤツでも構わんから女性を役員に入れろ!」
「おい! これじゃ評価ポイントが上がらん。40以上の女性は全員部長にしてしまえ!」
「おい! これじゃ入札できん。中途採用でもなんでもいいから女性技術者を入れろ!」

 こんな“騒ぎ”が、アナタの会社で起きていないだろうか?
 もし、まだ何も起きていなければ、今後起きるかもしれない。

 なぜって?
 そりゃあ“女性”の頭数を揃えるだけで、莫大なおカネが手にはいるかもしれないから。

1.「女性登用に向けた目標を設定し、目標達成に向けた自主行動計画の策定」
2.「有価証券報告書における女性役員比率の記載」
3.「公共調達における女性活用企業の適切な評価」

 これらはいずれも、6月に改訂した成長戦略で閣議決定した、女性活用企業にインセンティブを与える具体的な取り組みである。

 つまり、「2020年に指導的地位に占める女性の割合を30%にする」ために、企業への「要請」レベルが、ニンジンをぶら下げる施策に進化した。女性の“数値化”時代、到来なのだ。

 もちろんこれらの動きが、「よっし! チャンスだ!」と女性たちを元気にさせる“風”になることは間違いない。今まで「女性」という理由だけで外された女性たちのためになるものであれば、喜ばしいことだし何ら問題はない。

 だが、現実はもっと複雑。で、ちょいとばかりいやらしい。なんせ莫大なカネに“女性”の頭数が、直接的に影響を及ぼすのだ。

「女性役員を増やせ!」
「ムリです。候補者が社内にはいません」
「だったら、社外でいいじゃないか! ホラ、あの◯◯さんでいいじゃないか!」
「でも、彼女は△△商事の社外取締役だと思うのですが…」
「兼任してもらえばいいだろう!」
「わ、わかりました……」

  なんて具合に、かけもち社外取締役がますます増える。社外取締役を生業にする役員“タレント”の登場は、本当に女性活用なのだろうか。……。多いに疑問だ。

 また、「公共調達における女性活用企業の適切な評価」では、これまで対象外だった公共事業も含まれるようになる。

 既に、国土交通省では、女性技術者を配置していなければ、“入札できない”女性登用型のモデル工事を進めており、その第1弾が、東北地方整備局が山形県の東根地区上部の橋梁上部工工事に適用された(6月9日入札告知)。

 その落札価格。およそ2億円。今後も全国で計10件程度を試行するのだという。

コメント8件コメント/レビュー

性別など抜きになるべくしてなるなら何も文句はないし、企業、ひいては日本のためになるというものでしょう。どうせまたマスコミによる扇動「世界と比べて日本は~」が始まるんでしょうがね。余所は余所、日本は日本でしょ。高度成長期を支えた時代の企業の性別構成はどうだったんですかね。成長が鈍化した今、女性に活躍してもらおうという発想はいいが、やり方がおかしい。即興で頭数増やせばいいってもんじゃない。それこそ子供のころから男は会社、女は家庭という固定観念を植え付けさせない徹底的な教育の改革からしないと駄目なのでは?(2014/08/26)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「困った時は女性頼み!?」 “頭数”狂想曲に翻弄される経営者たち」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

性別など抜きになるべくしてなるなら何も文句はないし、企業、ひいては日本のためになるというものでしょう。どうせまたマスコミによる扇動「世界と比べて日本は~」が始まるんでしょうがね。余所は余所、日本は日本でしょ。高度成長期を支えた時代の企業の性別構成はどうだったんですかね。成長が鈍化した今、女性に活躍してもらおうという発想はいいが、やり方がおかしい。即興で頭数増やせばいいってもんじゃない。それこそ子供のころから男は会社、女は家庭という固定観念を植え付けさせない徹底的な教育の改革からしないと駄目なのでは?(2014/08/26)

会社の人事は不公平だらけ。偉くなった人たちは、優秀だったり、無能だったり、冷静だったり、怒りっぽかったり、いろいろな人がいて、共通しているのは、偉くなったという結果と、偉くなれたのは、上の誰かに気に入られたという2点だけ。今、女性であることが、昇進の条件になるという風潮であれば、上の誰かが、「女なんだろ、今の風潮にみったり、気に入った」という不公平な人事が行われて、しかし、会社の人事は不公平だらけ。いつものことです。(2014/08/26)

女性をファッション化、なんだか納得してしまった。経営者のポイント稼ぎに使われるんじゃ、本末転倒だ。くれぐれも優秀な人をつぶさないような、懸命な対応を望む。私のいる職場では、長く女性は昇格できなかった。能力がなくても男性だから、家族がいるからというだけで昇格した。管理職になるのが、本当にいい選択かはわからないが、門戸を広げるだけでなく、ちゃんと準備もしないとうまくいくわけがない。(2014/08/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授