• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「転勤・残業・週休2日もお断り!」オジサンvs.ゆとり世代の仁義なき戦い

20代の不自由さが人生を生き抜くパワーを培う

2014年9月30日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「週休2日じゃ自分の好きなことなど何もできない。それで退職しました」
「残業続きで生きるために働くのか、働くために生きるのか分からない」
「会社説明会に行っても金もうけ以外に働く目標が見えない。意味があるのか」
「起業をしたい。週5日、会社に合わせて働く気はない」

 なんとも、“強気”な発言だ! というか、なんだかとっても懐かしい。

「仕事だけの人生なんて、生きてる意味がない!」
「会社の歯車になんかなりたくない。私は、ワ・タ・シ!」
なんて具合に、誰もが若いときには、“オジサン社会”を批判し、縛られない働き方に憧れる。私自身、そうだった。

「自由のない人生なんて、人生じゃない!」と。
自由は酸素と同じだったのである。

 そこで今回は、「縛られない働き方」について考えてみようと思う。

ええ! 正社員で働くのが負け?

 随分と唐突な入り方になってしまったのだが、冒頭の発言は、今月行われた「ゆるい就職」説明会に集まった、若者たちから飛び出したもの。そのときの様子を報じた毎日新聞の記事によれば、

「今どき、若い世代が正社員で働くのって『負け』だと思うんです」

と、正社員で長時間労働に苦しむシステムエンジニアの男性(23)が発言すると、会場に集まった若者から賛意のどよめきが起こったそうだ。

 ゆるい就職とは……、
「サクッと稼いで、たっぷり遊ぶ」
「けだるい日常をおもしろくする、ゆとり世代のワークスタイル革命」
をキャッチコピーにした、「週休4日で15万円」の仕事を紹介する人材派遣サービスである。

 対象は、新卒から25歳程度の制限付きで、
「正規雇用など安定した就職を希望している方は間違っても応募しないでください」
「ゆるいのは就職の形態であり、仕事そのものはそんなにゆるくありません」
との注意書きがホームページに書かれている。

 9月に計3回行われた説明会はすべて満席。主催者によれば、「勤務地や労働時間、職務に制限のない“正社員”という働き方への疑問」を抱く若者が集ったとか。

 “安定志向”と呼ばれる若者たちの中で、会社に縛られたくない“自由”を求める若者たちが、
「週5日働かなきゃいけないなんてダレが決めた?」
「会社のいいなりにならなきゃいけないなんて、まっぴらだよ」
とゆるい就職に魅了されたのだ。

「でも、週休4日で15万円って、結構いい待遇じゃない?」

 はい、そのとおりです。
 平成25年の初任給の平均は大卒で19万8000円。通常、週5日勤務のこの月収を、週3日労働で換算すると、11万8800円。フリーターの平均年収150万程度と比較しても、かなり高給である。

 おそらく、ゆるく就職するには、“大前春子”になるしかない。篠原涼子が演じ一世を風靡した「ハケンの品格」の主人公の春子だ。少なくとも私が雇用する側だったら、それくらいのレベルは求めたくなる。

コメント40件コメント/レビュー

日本には『守・破・離』という言葉があり、その極意は、『真の創造性は、制約条件の中からこそ生まれる』という事にあります。何の制約も無い生活からは、怠惰しか生まれません。これは日本だけでなく外国での実験からも明らかになっています。何でも思った通りになる集団は、最後には一日中寝てるだけになる一方、何もかも思った通りに行かないよう仕組まれた集団は、集団内で完全にコントロールできる事柄だけを用いて創造的な生活を送るようになったという実験結果です。(2014/10/07)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「転勤・残業・週休2日もお断り!」オジサンvs.ゆとり世代の仁義なき戦い」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本には『守・破・離』という言葉があり、その極意は、『真の創造性は、制約条件の中からこそ生まれる』という事にあります。何の制約も無い生活からは、怠惰しか生まれません。これは日本だけでなく外国での実験からも明らかになっています。何でも思った通りになる集団は、最後には一日中寝てるだけになる一方、何もかも思った通りに行かないよう仕組まれた集団は、集団内で完全にコントロールできる事柄だけを用いて創造的な生活を送るようになったという実験結果です。(2014/10/07)

このゆる就職の若者達は、所詮「会社の他の人が取ってきた仕事を部分的に請け負っているだけなのだが、そこを理解しているのかどうか、やや不安だ。フリーランスに顕著だが、自分の名前と顔で請け負った仕事は、死に物狂いでやらねばならない。一方で、現在の多くの企業文化においては「我慢」は「上司に気いられる事」で占められており、顧客や商品価値の為に戦う事を求められてはいないのも事実だ。そんな我慢は、多くは徒労に終わり、やがて心は石に変わり、粘土層と称される「使えないオッサン」になってしまう。(2014/10/05)

若いうちに能力や胆力を高めておいてこそ、その後の道が開けるのだという河合さんのアドバイスなのだと思いました。私も同じように思います。週休4日で生まれた時間で何をするのかは各自の自由でよいと思うのですが、その結果、多くの人が指摘するように30代でワープアになっていようが、自己責任だよねと社会で言い切っていいのなら、こういう営みも良いのだと思います。今後、絶対に週休2日で働く「負け」な人の税金はあてにしないならいいけど、どうも、「俺が自由に生きるためにお前らが犠牲になれ」と言われているようで、しっくりこないし、だからこそ、社会を支え合うために、河合さんの指摘のように生きて、各自が市民として強くなって欲しいなと思います(2014/10/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員