• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「有働アナ号泣!?」 セクハラに堪える40代女と“男”たちのリアル

NGワードに囚われず相手の気持ちを汲み取る作業を

2014年10月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 イノッチこと井ノ原快彦さんの発言に、共感の嵐が広がっている。

 「イノッチ惚れるわぁ!」「良くぞ言ってくれた!」「感じていてもなかなか言えないことを言葉にして、すごい!」「有働アナへの愛情を感じた! かっこよすぎ!」などなど。
 ネットだけでなく、私の周りでも絶賛の嵐だった。

 ことの発端は、NHKの朝の情報番組で「知られざるセクハラ」と題する特集を報じたこと。番組独自にセクハラに関する調査を実施したところ、女性の3人に1人が、「セクハラを受けたことがある」と回答。しかも、セクハラを受けたことがある年代のトップが40代。

「からだを触られる」
「性的冗談を言われる」
「からだの特徴に関する話をされる」
といった被害例が続々と報じられた。

 その背景にあるのが、「もう若くないんだから、いいじゃな~い」といった男性側の意識ではないか、と。女性たちも、セクハラ被害を相談したところで、「自意識過剰なのでは?」と、共感してもらえないことが多いと告白していたのである。

 で、その「いいじゃな~い」的意識で行われるセクハラについて、井ノ原さんが発した言葉が秀逸だった。

 「この番組でも、僕、思うことありますよ、いろいろ」と。
 「(有働由美子アナウンサーは)返しがうまくて面白くしてくれるからって、縁結びとかそういうネタのときに、有働さんに全部振るのも俺はどうかと思う。この人が強いから言っていいとかじゃなくて、相手がどう思うかを常に考えないと。そのつもりがなくても、加害者になっちゃう」

 40代の有働アナに対するスタッフの発言や、番組中に婚活ネタなどでいじられるのが定番となっていたことに意見したのである。

 あ~、ホント。よくぞ言ってくれた! 私も思わず、テレビの前で手を叩いてしまった。生放送で、しかも有働アナを、“いじっていた”人たちの前で……。

 私も、「エッ、それ聞いちゃうんだ!」と内心驚くようなことを言われても、大抵の場合は、笑って流してきた。だって、下手に不愉快な態度を取ろうものなら、それこそ何を言われるかわからない。
「別にアンタに興味があって、聞いているわけじゃないよ」
「もういい年なんだからさ、オトナになれよ」
「気取ってるんじゃないよ」なんて言われるんじゃないか、と。

 特に、“紅一点”の飲み会や、年配の“偉い方”ばかりの飲み会のときには、ホントの気持ちとは裏腹に、「なんてことないよ~」って感じで対応してきた。

 今、こうやって書くこと自体、ためらってしまう“自分”が存在するのだ。

コメント52

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「有働アナ号泣!?」 セクハラに堪える40代女と“男”たちのリアル」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック