• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本の政治に求められる“AND”の思考

「矛盾の超克」なくして危機の到来は避けられない

2014年12月22日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 少し前まで、確かフジテレビ系列で「ほこたて」という番組が放映されていた。番組の中に、「絶対に穴のあかない超硬合金」と「何でも穴をあけられるドリル」の対決という名物コーナーがあり、毎回ものづくりにこだわる人たちが真剣に対決する様子が面白く、結構好きだった。

 言うまでもなく、「ほこたて」は韓非子の「矛盾」という成句からきている。自分の売る「ほこ(矛)」はいかなるものも貫き通し、「たて(楯)」はどんな鋭いものでも突き破れない、と豪語していた商人に対し、ではそれぞれを用いて戦ったならばどうなる、という問いを突き付けた、という有名な話だ。

 転じて、両方は並び立たないという意味で矛盾という言葉が使われるようになったのは、ご承知の通り。

 番組の方は、残念ながら、不適切な演出があったとかで終了してしまった。今ではNHKが同様にものづくりの先端同士が競うというコンセプトの番組、「超絶 凄ワザ」という番組を放映。こちらでは、金属での削りや磨き技術の対決が繰り広げられている(こちらは、同じ種類の製品・技術の対決なので、ほことほこ、ないし、たてとたて、ということになるが)。

優れた経営者ほど、一見矛盾することの両立を求める

 さて、マネジメントの世界では、一見矛盾するようなことを両方とも求められることが多々ある。

 「品質とコスト」といった、製品・サービスに対して顧客から求められるもの。さらには、「規律の順守と自由闊達な風土の維持」といった企業内部でのもの。どちらか一方だけなら、比較的達成しやすい事柄を、両方とも高いレベルで求められるのだ。

 コンサルティングの仕事を長くしていて思うのは、優れた経営者ほど、こういった「一見矛盾する」ことの両立を、平気で社内に要求するということだ。

 こういったリーダーが登場したばかりの時は、どの会社でも「冗談じゃない。勘弁してほしい」といった反応が出てくる。ところが、矛盾の超克を何度も何度も要求され、実際に乗り越える経験が蓄積されてくると、いつの間にか、これが当たり前のようになってくるのが不思議なところだ。

 どちらか、ではなく、どちらも、を自分たちなりのやり方で達成しようという風土・文化が、競争上、優位に働き始める。

コメント1

「御立尚資の帰ってきた「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「日本の政治に求められる“AND”の思考」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCGシニア・パートナー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経て現在に至る。事業戦略、グループ経営、M&Aなどの戦略策定・実行支援、経営人材育成、組織能力向上などのプロジェクトを手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト