• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「甘えたおばさん女の子は嫌!」 40代を襲う“アンチロールモデル“の脅威

文句だけの“中年評論家”にならないためにすべきこと

2015年1月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は、私と同年代の人たちが、多かれ少なかれ“感じているコト”について書こうと思う。

 めちゃくちゃ大雑把で、至極曖昧なテーマだが、要は人によって表現は変われど、根っこにある問題は共通しているという意味。

 というわけで、さっそく大手企業に勤める女性が、感じている“コト”からお聞きください。

 「いつまでも甘えたおばさん女の子でいる先輩を見てると、ああはなりたくないっていうか。石に齧りついても、自律したかっこいい女性になってやる、って思うんです」

 彼女はこう切り出した。夫あり、子どもあり、職場では10名の部下を持つ、40代後半の女性である。

 甘えたおばさん女の子――。

  • 困ったときに、猫なで声をだす
  • 都合が悪くなると、「よくわからな~い」とすっとぼける
  • 決断を下さなきゃいけない場面にも関わらず、責任を放棄する
  • いい年をして“女”を使う

 「うわぁ、私も気をつけなきゃ!」と、我が身をただしたくなる態度を、彼女は「甘えたおばさん女の子」と表現した。同世代の私には、かなり刺激的で、胸をドンと突かれた言葉だった。

 彼女は、私が定期的に情報交換をさせていただいている方で、付き合いはかれこれ10年以上になる。

 出会った当時、課長だった彼女は、数年前に部長に昇進し、小学生だった一人息子も大学生になった。夫なし、子なし、組織なし、と、私は彼女とは全く異なる環境にいるわけだが、年齢が近いせいか、似たようなことに悩んだり、自信をなくしたりすることが、これまでも頻繁にあった。

 その度に、「私だけじゃなかったんだ」とホッとしたり、勇気をもらったり。ときには解決の糸口を見いだしたりと、いわば“戦友”のようなもの。

 そんな彼女からまたしても、「そうそう! そうなんだよね!」という話が飛び出したのである。

コメント20

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「甘えたおばさん女の子は嫌!」 40代を襲う“アンチロールモデル“の脅威」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック