• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「正社員なくせ!」発言と“アリの一穴”で壊される大切なモノ

労働時間規制の法改正の行方をもっと注視しよう

2015年1月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ハ・タ・チー。そうハタチ。同級生の子どもたちが、な、なんとハタチになっていた。

「長女が成人式を迎えました!」と、父親たちは娘の振り袖姿に、鼻の下と目じりをギヨォ~ンと伸ばし、
「長男が成人式を迎えました!」と、母親たちは見上げるほどデカくなった息子に、胸を張り……。

 そんな子育ての20年間を感慨深く振り返る同級生たちを見ながら、「私は20年前ナニをやっていたのか?」と反省の気持ちから20年前の出来事をググったところ、興味深いあるストレス研究調査を発見した。

 その調査は、「20年前の“新しい働き方”」にスポットを当てたもので、実に示唆に富んだ内容だった。

「20年前の新しい働き方って、フリーターか?」
「ブ~ッ」
「んじゃ、契約社員?」
「ブ~ッ」
「だったら外資系の社員?」
「ブ~ッ」
「ブーブー言ってないで、とっとと教えろ!」

 はい。すんません。正解は、24時間365日営業「年中無休」という新しい労働環境で働く、コンビ二の店長さん。

 “コンビニ・シンドローム”――。

 これは夫が脱サラし、コンビニエンス・ストアに加盟したものの、思ったほど売り上げは増えず、利益をねん出するためにアルバイトを減らし、早朝から深夜まで夫婦で働き詰めになる働き方のこと。今から20年前に問題視され、労働省(現厚生労働省)の要望のもと日本労働研究機構が調査を実施したのだ。

 というわけで、今回は20年前のこの調査を紹介しようと思う。

 なぜって? そりゃ、この20年前の“新しい働き方”で明らかになった問題が、まさしく働き方が変わろうとしている今、とても大事な情報だと考えたからに他ならない。

 なんせ、
「これでどうだ?」「いや、ダメだ!」、
「だったらこれは?」「いや、それじゃまだダメだ!」
と、出したり、押し返されたりを繰り返していた“アノ”労働基準法の法案改正が遂に出されるわけで。

 おまけに、1月8日に、
「残業代ゼロ制度、年収1075万円以上で調整 政府案」との見出しで、朝日新聞が報じてから、わずか3日後の11日には、

「裁量労働、一部営業職も 厚労省審、残業代ゼロ拡大検討」(朝日新聞)と対象が拡大され、

 その4日後の16日には、
「労働時間規制の除外 IT技術者も対象」(日経新聞)と、あっという間に対象が広がっている。

コメント21

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「正社員なくせ!」発言と“アリの一穴”で壊される大切なモノ」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック