• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

テロ、銃撃事件…“抑圧された怒り”を生む自覚なき偏見

“怒りの負の連鎖”を止めるためにすべきこと

2015年2月3日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 人間がもつ情動の中でもっともエネルギーを秘めた「怒り」。

 その“怒りのエネルギー”が、これほどまで世界中に広がったことって、過去にあったのだろうか? 少なくとも私の記憶にはない。

 米ミズーリ州の白人警察官による黒人少年射殺事件、フランスのシャルリエブド襲撃テロ事件、そして、今回のイスラム国の人質事件――。昨年から立て続けに、憎悪と怒りと暴力の負のエネルギーが世界中に蔓延している。

 メディアで報道される事件だけじゃなく、もっと狭い、自分の半径3メートルの日常世界も、怒りにあふれている。1つひとつは小さな怒りかもしれない。

 だが、あちらこちらに“怒りの芽”が、まるでマグマのように充満している。ちょっとした出来事をきっかけに、巨大なエネルギーが爆発しそうで怖い。怒りが怒りを生むという、負の連鎖……。それが身の回りでも起きている。そう思えてならないのだ。

 余裕がない?
 そうかもしれない。

 格差社会だから?
 それもある。

どうして、みんな怒っているのか

 不安の時代から、怒りの時代へ――。

 なんだかこうやってテキストにするだけで気が滅入るのだが、「なんでこんなにもみんな怒っているのだろう」と漠然と感じるようになったのは、いつからだったのだろう。

 「なんで言われたことしか、できないんだよ!」と、使えない部下に上司は怒り、
「なんで同じ仕事をしてるのに、非正規ってだけで給料安いんだよ!」と、賃金格差に非正規社員は怒り、
「いったいいつになったら、フルメンバーで戦えるわけ?」と、育休・産休社員ばかり押し付けられた女性管理職は怒り、
「なんで制度を使ってるだけなのに、あれこれ言われなきゃならないわけ?」と、ワーキングマザーは怒っている。

 あっちもこっちも、怒りだらけだ。

 「ちょっと大袈裟じゃない?」「テロと身の回りの怒りは、違うでしょ?」

 あまりに感情的な書き出しに、そう思われている方もいることだろう。だが、現に後藤健二さんの事件をきっかけに、日本でも“新たな怒り“が生まれていて、危うい発言をする人たちや、その意見に追従する人たちもいる。この危うい怒りが、新たな怒りを生むような気がして、怖い。

 これだけ多くの企業が海外に拠点を持ち、多くの日本のビジネスマンが外国人と接点を持ち、日本の企業で働く外国人が増えている中で、だ。

コメント32件コメント/レビュー

 夜会や役員の飲み会を成功例として肯定的に紹介していらっしゃることに、管理職の勘違いを促進する効果がある記事だと危惧します。 私の職場のトップは「お昼のサロン」と称して、週に一度会議室にお弁当を持ち寄って食べるという職場習慣を作っています。トップは家庭的で友好的で、人間的魅力にあふれています。頂き物や出張土産を提供してくれます。話題はおいしい物や楽しいことです。昼休みなので出席しやすくお酒も入りません。会費類なし、もちろん自由参加です。 けれどもこのような会が結局主催者の自己満足であるばかりか、パワハラに近い効果を持つ可能性を、河合さんや管理職の方に今一度考えていただきたいと思います。 私個人としてはとりたてて不愉快な場だとは感じないのですが、義務的に受け止めています。欠席時は同僚達にお詫びの連絡をします。準備と後片付けがあるからです。あくまでも「気づいた人が」やっているのではありますが。 和やかで楽しい会話は、おしゃべりを続けるトップと、がっかりさせないよう気を遣って会話を成立させる部下達という構図です。記事中の「夜会」や役員の飲み会に同じ可能性を感じ、私は肯定的に解釈しませんでした。(2015/02/15)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「テロ、銃撃事件…“抑圧された怒り”を生む自覚なき偏見」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 夜会や役員の飲み会を成功例として肯定的に紹介していらっしゃることに、管理職の勘違いを促進する効果がある記事だと危惧します。 私の職場のトップは「お昼のサロン」と称して、週に一度会議室にお弁当を持ち寄って食べるという職場習慣を作っています。トップは家庭的で友好的で、人間的魅力にあふれています。頂き物や出張土産を提供してくれます。話題はおいしい物や楽しいことです。昼休みなので出席しやすくお酒も入りません。会費類なし、もちろん自由参加です。 けれどもこのような会が結局主催者の自己満足であるばかりか、パワハラに近い効果を持つ可能性を、河合さんや管理職の方に今一度考えていただきたいと思います。 私個人としてはとりたてて不愉快な場だとは感じないのですが、義務的に受け止めています。欠席時は同僚達にお詫びの連絡をします。準備と後片付けがあるからです。あくまでも「気づいた人が」やっているのではありますが。 和やかで楽しい会話は、おしゃべりを続けるトップと、がっかりさせないよう気を遣って会話を成立させる部下達という構図です。記事中の「夜会」や役員の飲み会に同じ可能性を感じ、私は肯定的に解釈しませんでした。(2015/02/15)

 人種によって違う対応をする人がいるって、分かる気がします。人は、なぜか目に見えない順位を付けたがり、その順位により対応を変えます。飼っている犬が、家族に順位をつけているのと一緒です。 なくなることのない人種差別、部族間抗争が少しでも収まり、平和な世の中になって、子供たちが安心して暮らせる世界を望みます。(2015/02/10)

怒りの感情が、人にとって一番良くない影響を与えるものであるということ。すべてのトラブルの元は「怒り」である。人間同士の「怒り」を取り除くには、「行」と「対話」しかない。ある宗教でも全く同じことを言っていますね。またその宗教団体はそれを実践するよう謳っています。日本人にも子供のころから人間哲学を学ぶ機会を与えるべきだと思います。(2015/02/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員