• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「“東京人との約束”が避難区域に引き止めた!?」 原発事故4年目の真実

“命の土”を守り続けた農家の4年間から「仕事とは何か」を考えた

2015年3月10日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日、福島県川内村にお邪魔してきた。1年ぶり。遠藤雄幸村長と縁あって村に通い続けた日から1年ぶりに、懐かしい方たちに会ってきたのである。

 そして、今回は……
・“あの日”からずっと避難することなく村でお米を作り続けた人
・昨年10月に避難指示が解除された地域でりんどうの栽培に挑んでいる人
・郡山の仮設住宅で暮らす方たち……
 など、たくさんの方たちの“4年間”も伺ってきた。

 帰村した人にも、帰村していない人にも、それぞれの理由があって。それぞれの考え方、生き方、価値観があって。それでも、みんな前を向いて必死で生きていた。私なんかには想像できない困難や悲しみを抱えているはずなのに、みんな元気で、明るくて、強くて。誰もがそれぞれの道を進もうと踏ん張っていた。

 一方、村を見渡す限り、「復興している」とか「復興が進んでいる」とはとてもじゃないけど言えなかった。東京電力福島第一原発から20キロ圏内にある富岡駅に向かう途中には除染土があちらこちらに積み上げられ、コンビ二は除染作業員たちでにぎわい、富岡駅の撤去作業が始まっていた。何とも言えない複雑な気持ちなった。

※JR常磐線富岡駅は、2011年3月、大震災の津波で駅舎が流失。放射能汚染の心配などから避難指示区域に指定されていたが、2013年3月に駅を含む町の大半で日中の立ち入りが可能になり、県内外の人々が訪れたり、閣僚もしばしば視察していた。

 川内村には、除染作業員たちが500人近くもいるのだそうだ。 「村民よりも多いんじゃないのかね」と話す村民の方もいた。しかも「働く場所を作ろう!」と川内村に誘致して作られた工場では、働き手が足りなくて外国人の方たちが、働いているというではないか。

 「仕事って何なんだろう?」と。東北に足を運ぶ度に考えさせられるのだが、「ホント何なんだろう?」と今回ほど、考えれば考えるほど分からなくなったことはなかったのである。

 あまりに分からなくなり過ぎて(変な日本語ですね)、既に原稿を書き始めてから3時間が経過している(マズい、締め切りが~)。

 で、散々悩んだ結果、ある農家のご夫婦について書こうと思う。

 秋元美誉(よしたか)さんご夫婦。

 2011年3月16日早朝、遠藤雄幸村長が村の防災無線を使って、
「皆さんお元気で、また川内村にお戻りになった時は川内村の再生のために一緒に戦っていきましょう。お元気で!!」
と全村避難をアナウンスした後も、村に残り田んぼを守り続けたご夫婦である。

コメント10

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「“東京人との約束”が避難区域に引き止めた!?」 原発事故4年目の真実」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長