• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「変わるべきは男じゃなく女!?」 “家庭と仕事の両立”を阻む壁

家庭の大変さを仕事の肥やしにする強かさを持とう

2015年3月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「両立なんて虫がよすぎる」
「長時間労働前提が問題」
「両立できる社会をめざす」

 これは先週、朝日新聞の社会面にデカデカと踊った小見出しである。

 朝日新聞は昨年、「女が生きる 男が生きる」シリーズをスタート。その6回目として、先月(2月7、8日)に「メディアで働く」女性たちを掲載した。

 記事では、昨年7月にNHKで15名の女性記者が大量退社(うち半数が30歳前後)したことを取り上げ、「転勤あり、夜勤あり、残業あり、長時間労働アッタリ前の現場で、子育てと仕事の両立は無理!」と、悲鳴をあげる“メディ女”(←勝手に命名しました)たちの姿を報じたのだ。

 で、その内容にたくさんの読者が食いついた。
 異論、反論、オブジェクション! さまざまな意見が寄せられ、それを先週特集にし、上記の小見出しと共に報じたのである。

「記者という特別な職業を選択した覚悟はどうなのか?」
「子育ては簡単ではない。責任ある仕事は、惜しむことなく時間を費やせる人のためにある」
「女性たちの受難報道に違和感がある」 といった否定的な意見から、

「男性の働き方を変えるべき」
「自分の会社を棚にあげて、多様性やワークライフバランスの原稿を書くのがつらい」
「長時間労働が当たり前では、暮らしに奥行きを与える報道はできない」
などメディ女たちからの共感と葛藤。

さらには、
「マスコミ自身が変わっていかないと、働く女性の問題は解決しない」
「子育ては小1(小学校1年生)以降も続くという視点なしに、仕事と家庭のバランスは取れない」
という今後への期待や、応援まで……、
 性別、年齢、立場に関係なく喧々諤々、「仕事と家庭の両方で役割を果たそうとすること」への賛否が寄せられたのだ。

 うう…ん。両立って、何なんだろう?――。

 さまざまな意見を読んでいて、正直、私は混乱した。ホント「両立って何なんだろう」と、わけが分からなくなった。

 念のため断っておくが、これだけ女性が働くのが当たり前になった今、子育てをしながら働ける社会を、社会全体で作っていく必要は当然ながらある。

 だが、「両立」って、働く女性たちのためだけじゃないわけで。子育てに関わりたいと願う男性や親の介護やケアが必要になった人、病を抱えながら働く人や学び直しをしたい人、それこそ性別、年齢に関係なく両立させるべく踏ん張っている。

 なのになぜ、「仕事と家庭の両立」の主人公はいつもワーキングマザーで、「なんで女性だけが、キャリアと家庭のどちらを取るかを迫られなきゃならないわけ?」と、エキセントリックな議論になってしまうのか。

コメント28

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「変わるべきは男じゃなく女!?」 “家庭と仕事の両立”を阻む壁」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長