• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

いまや家事は、生産性の低い「衰退産業」!?

家庭内労働の相対的生産性の低下とサービス産業の発展

2015年4月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 小さな女の子に「将来どんな仕事に就きたいの?」と尋ねた時に、「お嫁さん」という答えが返ってくるのは、決して珍しくないだろう。ここでは、「お嫁さんは仕事じゃないよ」と指摘するのがパターンだろうが、「お嫁さん」を、家事などの「家庭内労働」を主に行う「職業人」として捉えると、多少見方が変わるかもしれない。米国のデータを見る限り、家庭内労働(以降、単純化のために家事と呼ぶ)は対GDP(国内総生産)36%(2010年)という付加価値を生む、巨大産業だ。

衰退している「家事」という産業

 そして、この家事という巨大産業が、衰退の傾向を示している。図1は、米国のデータを使って、家事と、サービス業の「拡大」総消費における付加価値の割合をプロットしたものだ。ここでいう「拡大」総消費とは、国民所得勘定のデータに表れる総消費に、データに表れない家事の付加価値分を足したものである。赤い実線が家事、青い実線がサービスを示している。

図1:米国で家事とサービス産業が生み出す付加価値が消費に占める割合(1947年~2010年)

 図1から明らかなように、家事の生み出す付加価値の消費における割合は、減少の一途をたどっている。そしてそれと相反するように、サービス産業の生み出す付加価値の割合は上昇している。

 これらの変化には、どういったメカニズムが働いているのだろうか? 家事の衰退とサービス産業の発展には何か関係性があるのだろうか? 時代背景に詳しい読者であれば、1980年代以降米国では女性の社会進出が進んだから、それが原因だと答えるかもしれない。では、そもそもなぜ女性の社会進出が進んだのだろうか?

 著者が、イタリアのカリアリ大学のアレッシオ・モロ助教授、オーストラリアのモナシュ大学のソルマズ・モスレヒ助教授と行った最近の研究では、既存の経済学のツールと、「労働生産性」という概念を使って、家事とサービス産業の関係とその消費における割合の変化について説明を試みた。

コメント10件コメント/レビュー

 ウーマンリブ運動の末、自由になったとされる女性たちが幸せな結末を迎えているのかと言えば、そうでもないんじゃないかと感じます。 私はバブルをかすった世代のおっさんですが、当時女性の社会進出を諸手を挙げてもてはやし、キャリアを積んで実際に男よりも優秀な成績をたたき出す方を何人も見てきました。忙しく仕事に打ち込み、財産も地位も手に入れ、そして良いパートにも恵まれ幸せな結婚もしたようですが、そのとき既に40歳手前、子供を産むにしても既に生物学的な適齢期を終えていた。いくら不妊治療をしても子供には恵まれなかった。そんなことはウーマンリブ運動では教えてくれなかった。そんな恨み節を最近よく耳にします。 私の妻は同世代ですが、そんなウーマンリブ運動には流されなかった。大学を卒業後、もちろん就職はしましたし、転職もしたようですが、私と結婚するに当たりあっさりとキャリアを捨ててくれました。当時25歳。いわゆる「永久就職」と言われる専業主婦を選んでくれました。すぐに二人の子供にも恵まれ、忙しく家事・育児に専念しつつ、私の転勤にも笑顔で着いてきてくれました。おかげで二人は私が逆立ちをしても入学できないようなよい大学に入学し、上の子はこの春就職し、立派に巣立って行きました。私は、これだけの結果を見るに、共働きで同様若しくはそれ以上の結果をたたき出せただろうか、と考えます。収入はそれなりに確保できたでしょうが、満足できる教育と溢れんばかりの母性を二人の子供に与えられたのは、妻が専業で家庭を確立してくれたからこそだとつくづく思います。これは数世代にわたる、強力な投資だと確信しています。 確かに、近視眼的に見ると「衰退産業」かもしれませんが、核家族化が進みきってしまった現在においては、超長期的に見るとこの上ない「超成長産業」だと確信しています。がんばれ!専業主婦、専業主夫!(2015/04/23)

「「気鋭の論点」」のバックナンバー

一覧

「いまや家事は、生産性の低い「衰退産業」!?」の著者

田中 聡史

田中 聡史(たなか・さとし)

クイーンズランド大学助教授

2004年一橋大学経済学部卒業。2006年、同修士課程終了。2012年、米ミネソタ大学より経済学博士号(Ph.D.)取得。2012年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 ウーマンリブ運動の末、自由になったとされる女性たちが幸せな結末を迎えているのかと言えば、そうでもないんじゃないかと感じます。 私はバブルをかすった世代のおっさんですが、当時女性の社会進出を諸手を挙げてもてはやし、キャリアを積んで実際に男よりも優秀な成績をたたき出す方を何人も見てきました。忙しく仕事に打ち込み、財産も地位も手に入れ、そして良いパートにも恵まれ幸せな結婚もしたようですが、そのとき既に40歳手前、子供を産むにしても既に生物学的な適齢期を終えていた。いくら不妊治療をしても子供には恵まれなかった。そんなことはウーマンリブ運動では教えてくれなかった。そんな恨み節を最近よく耳にします。 私の妻は同世代ですが、そんなウーマンリブ運動には流されなかった。大学を卒業後、もちろん就職はしましたし、転職もしたようですが、私と結婚するに当たりあっさりとキャリアを捨ててくれました。当時25歳。いわゆる「永久就職」と言われる専業主婦を選んでくれました。すぐに二人の子供にも恵まれ、忙しく家事・育児に専念しつつ、私の転勤にも笑顔で着いてきてくれました。おかげで二人は私が逆立ちをしても入学できないようなよい大学に入学し、上の子はこの春就職し、立派に巣立って行きました。私は、これだけの結果を見るに、共働きで同様若しくはそれ以上の結果をたたき出せただろうか、と考えます。収入はそれなりに確保できたでしょうが、満足できる教育と溢れんばかりの母性を二人の子供に与えられたのは、妻が専業で家庭を確立してくれたからこそだとつくづく思います。これは数世代にわたる、強力な投資だと確信しています。 確かに、近視眼的に見ると「衰退産業」かもしれませんが、核家族化が進みきってしまった現在においては、超長期的に見るとこの上ない「超成長産業」だと確信しています。がんばれ!専業主婦、専業主夫!(2015/04/23)

愛情とか性役割の話に持っていこうとしている人はなんなんだろうね。今、現実にある家事労働を、経済的に考えるとどうなるだろうか、という思考実験に過ぎないのに。ただ、この論者の記述の仕方は論旨がわかりにくい。結局何が言いたいのか。(2015/04/23)

面白かったです。地域の文化にもよりますが、あらゆる家事は外部化可能と考えており、家事の生産性を可視化することで、内部化・外部化する時のメリット・デメリットを明確にして、政策決定の一助として欲しいです。現在のGDP等の指標は、人間の一連の生活活動の中で「仕事」だけを切り取って解析しており十分では有りません。介護、育児、調理、掃除、洗濯・・・それぞれで内部化と外部化のメリット・デメリットがあり、データ分析の結果を元にした政策議論があっていいはずです。自然科学分野は、科学・技術の協力でレベルを上げ社会にフィードバックする事で社会を高度化してきましたが、社会科学はまだ分野の協力と社会へのフィードバックが弱く、だからこそブレイクスルーの余地があると考えており、一層の成果を期待します。(2015/04/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長