• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

訪日客を増やす上で欠かせない「顧客経験の体験」

閣僚や官庁の担当者にも求めたい実践

2015年4月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 以前、コンサルティングの現場でよくやっていたのが、「顧客経験の体験」だ。

 例えば、かつて自動車会社の役員の方々の大半は、自分でディーラーへ行って車を買った経験がなかった。極端に言えば、会社で伝票を切ってもらって、必要な書類を出せば、車が届くという仕組みがあったからだ(もちろん、給与から購入代金や手続き費用は引き落とされるが)。鉄道会社の場合ならば、大抵は切符を買って乗ったことがない。役員用のパスを使えばよいから、というわけである。銀行、百貨店、皆同様の状態だった。

 顧客サービスを考える上でも、競合企業に対する営業戦略を考える上でも、これでは話にならない。そこで、こちらからお願いして、全役員に顧客と全く同様の体験をしてもらう。

 自動車の場合ならば、できれば競合先も含めて複数のディーラーを回り、実際にセールス担当と話をしながら、購入価格や下取り、あるいは付属品についての交渉をしてもらう。当然、納車も顧客と全く同様の条件で、体験する、という仕組みだ。

 こういった体験があって初めて、顧客サービスに関する施策について、深みのある議論ができ、様々な施策の間の優先順位付けも可能になる。さすがに、昨今はこういったことが普通に行われるようになってきたが、当時は、「目からうろこ」という体験をされた役員クラスの方々が随分いたことを思い出す。

もっと基本的にやるべきことがある

 こんなことを書いたのは、海外からのインバウンド旅行客を増やそう、オリンピック目がけて必要な政策を打とう、といった話があちこちで聞こえてくる中、いま一度、「顧客の経験」を実体験する機会を増やすことが重要なのではないか、と感じているからだ。

 インバウンド拡大に向けてのこれまでの政策・施策はかなり効果が出ている。特にビザの緩和、LCC(格安航空会社)の参入拡大が大きく効いているように見受けられる。

 この流れをさらに加速させようということで、全国各地で外国人旅行者向けの無料Wi-Fiの導入・拡大、あるいは複数地域が連携したマーケティングの実行、といった打ち手が目白押しだ。

 ただ、実際に日本に来た旅行客の経験を垣間見ると、もっと基本的なことでやるべきことが残っているようにも思える。

 一番気になるのが、大きな荷物を持っての移動に対する配慮不足。日本の公共交通機関は、空港バスや成田エクスプレスといった空港と都心を結ぶ交通機関を除くと、大きな荷物を抱えて移動する顧客を想定していない。

 例えば、首都圏に到着した海外旅行客の多くは、東京観光の後、京都に抜けるいわゆる「ゴールデンルート」をたどる。ところが、彼ら彼女らが新幹線に乗ると、スーツケースを置く場所がどこにもないのだ。

コメント1件コメント/レビュー

スーツケース置きはいいアイデアだと思う。新幹線でも、各車両15列にすればすぐに導入できるだろうし。一方、後段で「東南アジアからの旅行者が困るから英中韓語表示を」というのは、まるで意味を成していない。記者の要約がおかしいのだろうか?標識の言語は、増やせば増やすほど全体が見づらくて不便になるのは目に見えているのだから、日英くらいで十分だろう。ぎりぎりで中国語か?少なくとも利用者数から言って韓国語はありえない。むしろ用意するべきなのは、各言語で記載した駅マップだと思う。言語はわからなくても地図の形と赤い矢印があれば、見比べることで自分の位置と進む方向くらい問題なくわかるだろうからだ。これなら、どのような利用者にとっても利便性を向上でき、しかも用意するのは標識より遥かに容易である。(三諸)(2015/04/20)

「御立尚資の帰ってきた「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「訪日客を増やす上で欠かせない「顧客経験の体験」」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCG シニア・アドバイザー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経てボストン コンサルティング グループ(BCG)に入社。BCG日本代表、グローバル経営会議メンバー等を歴任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

スーツケース置きはいいアイデアだと思う。新幹線でも、各車両15列にすればすぐに導入できるだろうし。一方、後段で「東南アジアからの旅行者が困るから英中韓語表示を」というのは、まるで意味を成していない。記者の要約がおかしいのだろうか?標識の言語は、増やせば増やすほど全体が見づらくて不便になるのは目に見えているのだから、日英くらいで十分だろう。ぎりぎりで中国語か?少なくとも利用者数から言って韓国語はありえない。むしろ用意するべきなのは、各言語で記載した駅マップだと思う。言語はわからなくても地図の形と赤い矢印があれば、見比べることで自分の位置と進む方向くらい問題なくわかるだろうからだ。これなら、どのような利用者にとっても利便性を向上でき、しかも用意するのは標識より遥かに容易である。(三諸)(2015/04/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員