• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「キミのせいで私が無能?」 思考を放棄する日本社会の罪と罰

新卒一括採用の功罪を問う

2015年5月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ウチは内定出した学生の親に、積極的にコンタクトを取ります。内定辞退者を減らすのに、親責めは案外効果的なんです。とんだ茶番だと思いますけど……母数を確保しないことには、ね。まぁ、そういうことです……」

 文部科学省が「オワハラ」の実態調査に乗り出すことが明らかになり、某大手企業の人事部長さんに意見を求めたところ、彼は奥歯にモノが挟まったようなもの言いでこう答えた。

 「でも……そういうネーミング付けられて、社会問題化されるだけうらやましい。人事部って文句しか言われないセツナイ部署なんです。『なんであんなの採ったんだ!』と嫌味を言われるのは日常茶飯事だし、業績が悪くなればリストラを散々やらされる。離職率を下げろ! 休職者を減らせ! ってまるで他人事のように言われますしね。挙げ句の果てに、無能扱いですから。嗚呼、……人事部って、ホント、何なんですかね?」

 ふむ。ホント何なんでしょう……セツナイ……ですね。って、人事部長の憂鬱が今回のテーマではありません。かといって、オワハラに論考を深めようってわけでもない。

 「就活と思考放棄」について、あれこれ考えてみようと思う。

 “シューカツの変”についてはこれまで結構な頻度で訴えてきたので、もう書くことはないはずだった。だが、前述の男性の話を聞いていて、新卒一括採用の問題って、日本社会に蔓延する“思考する能力の放棄”そのものと感じたので、「考える」ってことについて考えてみる(なんだかややこしくてすみません)。

 そもそも人生に極めて強い影響を及ぼす、初めての仕事を探すという行為を、就活と呼び、オワハラ、モラハラ、パワハラ、セクハラ、マタハラ、etc etc……と何でもかんでも、ハラをつけるのも思考の放棄そのもの。機会の平等ととりあえずエントリーの混同、大学のハローワーク化、“就活エリート”の登場、就活自殺などなど――。 ホレ、考える力だ! ソレ、考えて行動せよ! と言っている割には、新卒一括採用ほど、思考を放棄したシステムはない。

 というわけで、本件の私の結論は、「“未職一括採用”に変えよ!」、である。詳細は後で書くので、「オワハラ」の説明からスタートします。

コメント16件コメント/レビュー

人を評価することは畏れ多いとのコメントがあったが、なぜ畏れ多いかといえば、客観的基準に拠らず個人的主観を基に判断しているからで、評価者の人格が問われるから。性格や忠誠心など数値化できない基準を止め、ジョブができる・できないという基準で判断すれば全く畏れ多い話ではなくなる。これは職務を厳格に規定する欧米型の雇用につながる話だけど。結局日本型の働き方では人事評価も採用も変えようがないのでは。(2015/05/25)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「キミのせいで私が無能?」 思考を放棄する日本社会の罪と罰」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

人を評価することは畏れ多いとのコメントがあったが、なぜ畏れ多いかといえば、客観的基準に拠らず個人的主観を基に判断しているからで、評価者の人格が問われるから。性格や忠誠心など数値化できない基準を止め、ジョブができる・できないという基準で判断すれば全く畏れ多い話ではなくなる。これは職務を厳格に規定する欧米型の雇用につながる話だけど。結局日本型の働き方では人事評価も採用も変えようがないのでは。(2015/05/25)

派遣社員のほうがオワハラはしょっちゅうありますよ、新卒採用と違って企業側がドタキャンはよくあることですが・・。人材会社の社員や大きめな企業の人事部って、学生時代は遊んでばかりの「人が好きです!」みたいな雰囲気リア充や自己啓発好きが多いと思う。自分が働くわけでなく人の品定めばかりしてるから、何もわからないのでは?OB・OG対応は若い人もやる必要性があるけど、その他の採用関係は研究開発やマーケティング、経理など様々な部署での経験者に異動してもらうか兼務できる制度を整えればいいのに。忙しかったり本人希望もあるから難しいだろうけど、現在の就活が偏ってたり何かおかしいのは、営業職やリクルート臭が強い人ばかりが仕切ってるからでしょう?(2015/05/20)

新卒一括だろうが猶予を儲けようが変わらないと思います。1回目に採用されなかった人には、それが正当な評価かどうかは別として何らかの理由があるはずです。次の回に新卒とその人が同じ能力と評価された場合、何らかの落ちる可能性を持った人よりも、落ちてない人を選ぶのは自然な流れだと思います。企業も単純な話で内定後に他企業を回る予定があれば選考順位を落とすと伝えればいいのでは。良い人確保に・・・と書いてありますが正味それほど人間変わりません。というより、それほど能力を求める職種が日本に多いとも思えませんがね(笑)(2015/05/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長