• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「リストラ・ひも・ウツ」 育児に協力するオトコの世間体

主婦業は誰でもできる“仕事”なのか

2015年5月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 リアクションに困る――というのは、こういうときのことを言うのだろう。

 「やっぱりね、女性は家で子育てをしっかりやるのが正しいですよ。“男まさり”の女性が増えちゃったから、男たちがひ弱になった。家族を養わなきゃって思うからこそ、必死で働くし、モチベーションも上がって出世するんです」

 (えっと…、そのなんというか、いや、まぁ、すみません。わ、私もソノ“男まさり”群なるものに、カウントされているわけですね?)

 「ウチの会社はね、育児休暇だけは男もちゃんと取れって言ってるの。出産のときだけは、ちゃんと休んで家族サービスしろって。私なんて子どもが産まれたときに出張行って、いまだに女房にそのときの文句言われちゃうからさ。先生が言ってたとおり、誰だって自分の存在価値とか、必死でやったことを認めてほしいからね。だから女房が子どもをがんばって産んでくれたときには、“よくやった。ありがとう”って言って労わなきゃ!」

 (そ、そうですよね。……。それはそのとおりなんですけど…)

※()の中は、私の心の声だと思ってください。

 これは経営者の方たち(部長クラスの方も数名いました)を対象にした講演会での出来事。

 講演会後の懇親会で、1人の経営者の方が、実にリアクションに困る、件の自論を展開したのである。

 しかも、この方。その数分前まで、「女性がどんどんリーダーになっていった方がいいですよ。社内を見渡しても、女性の方が優秀ですから」と言っていたので、余計に驚いた。

 といっても、こういった意見を面と向かって言われたのは初めてじゃない。

 数年前に「出産したら女性は会社をお辞めなさい」との発言を作家の曽野綾子さんがし、それに対する記事を書いたときには、「でも、私はどちらかというと曽野さんの言う通りだと思うんです」と、賛同する人の多さに驚かされた。

 また、イクメンという言葉が市民権を得てからは、「育児に積極的な社員=男の女性化」というニュアンスの意見もしばしば耳にするようにもなった。

 現場でふと垣間見えるホンネ――。聞き逃してはならない瞬間でもある。

 しかも、今回の“ホンネ”は、思わぬ方向に広がり、ますますリアクション不能状態に陥った。

コメント14件コメント/レビュー

1970年代をピークに専業主婦が量産されたのは高度成長期にむかってのサラリーマンの増加に伴い専業主婦主婦に転換を促進する条件(配偶者控除・)が揃っていたからです。壽退社、なんて昔はよく聞きました。主婦という仕事の前提に、高度経済成長を実現するための男性労働力の最大化が読み取れます。(参考:「専業主婦層の形成と変容」 )その構造・価値観に組み込まれてきた多くの年配男性が、上記のライフスタイルの価値観にどっぷり浸かって生きてきたのだから家事・育児を軽視するのは自明の理とも思います。このような親の有り様から学んだ蔑視の価値観を受け継ぐ若い世代もいるでしょう。人は最も甘えられる身近な愛する人間を蔑む傾向がありますし、その延長線上で、家事育児も蔑視しているのかなと個人的に思います。蔑む人は彼らの栄光ある人生、あるいは自分の価値観が壊されることを怖れ、全く違う価値観を受け入れることができません。ですから、どんなに蔑まれようとも自分は素晴らしい存在なんだ、という揺るぎない意志を持ち、彼らの話も適度に耳を傾けるのが一番の解決法です。反論しないなんて馬鹿なやつだな、と思う人もいるかもしれません。ですが賢明な人であればあるほど、その行為の意義深さを知っていると私は信じています。(2015/05/26)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「リストラ・ひも・ウツ」 育児に協力するオトコの世間体」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

1970年代をピークに専業主婦が量産されたのは高度成長期にむかってのサラリーマンの増加に伴い専業主婦主婦に転換を促進する条件(配偶者控除・)が揃っていたからです。壽退社、なんて昔はよく聞きました。主婦という仕事の前提に、高度経済成長を実現するための男性労働力の最大化が読み取れます。(参考:「専業主婦層の形成と変容」 )その構造・価値観に組み込まれてきた多くの年配男性が、上記のライフスタイルの価値観にどっぷり浸かって生きてきたのだから家事・育児を軽視するのは自明の理とも思います。このような親の有り様から学んだ蔑視の価値観を受け継ぐ若い世代もいるでしょう。人は最も甘えられる身近な愛する人間を蔑む傾向がありますし、その延長線上で、家事育児も蔑視しているのかなと個人的に思います。蔑む人は彼らの栄光ある人生、あるいは自分の価値観が壊されることを怖れ、全く違う価値観を受け入れることができません。ですから、どんなに蔑まれようとも自分は素晴らしい存在なんだ、という揺るぎない意志を持ち、彼らの話も適度に耳を傾けるのが一番の解決法です。反論しないなんて馬鹿なやつだな、と思う人もいるかもしれません。ですが賢明な人であればあるほど、その行為の意義深さを知っていると私は信じています。(2015/05/26)

結局、男はどう女はどうとか、○○に向いているとか向いていないとかの議論に持っていきたい人は、自分が苦手(orめんどくさくてやりたくない)仕事を、自分以外に押し付けたいだけだと思います。サラリーマンも主婦も。(2015/05/26)

「誰だって自分の存在価値とか、必死でやったことを認めてほしいからね。」これはその発言者の男性にも当てはまる。今更、男性も家事・育児ができたほうがいいなんて言われると、仕事一筋で生きていた自分の価値が減損する。それは許容できないでしょうね。(2015/05/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授