• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

南アで実感したアフリカ経済のポテンシャル

見逃してはならないイノベーションの源泉としての価値

2015年6月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 久方ぶりにアフリカを訪れる機会を得て、南アフリカのケープタウンで開かれた会議に出席してきた。ケープタウンは、インフラの整った近代都市であり、かつ観光地としても知られている。

 ワインは、日本で手に入るものより状態が良かったせいもあろうが、いくつか大変質の高いものに巡り合った。レベルの高さを考えると、実に高コストパフォーマンスだった(個人的に特に気に入ったのは、どちらも赤ワインだが、VergelegenのStellenbosch 2008、VilafonteのSeries C 2010という銘柄)。

 4億5000万年前の地層が頂上の平坦な部分を形成しているテーブルマウンテン、あるいはアフリカンペンギンの生息地など、見どころも多く、ほぼ会議漬けだったのが、悔やまれる。

 途中で無理やり時間を作って、ペンギンだけは見に行ったが、至近距離かつ明るい時間に営巣中のペンギンを観察できるし、海をカヤックで進むと水面に浮かび上がってきたペンギンの群れを見ることもできるので、豪メルボルン近郊のフィリップ島よりも感激させられた。

6か国が1人当たりGDPでインドネシアを上回る

 余談が長くなってしまったが、いわゆるサブ・サハラ(サハラ砂漠以南)の国々の中では、これまでケニアにしか行ったことがなかった。今回は、南アフリカの一部を垣間見たのだけれど、経済の活気も想像以上。さらにこの経済の元気さは、南アフリカだけではなく、どうやらアフリカの大部分の国で見られるようだ。

 「21世紀後半は、アフリカの時代」。人口構成や経済成長余地から、こう言われてきたことは知っていた。一例を挙げれば、2040年には、若年人口の多いアフリカの労働人口は中国やインドを上回る、というのはよく知られた話だ。

 しかし、そのポテンシャルが、かなりの実体を伴うようになってきているのは、現地を見て、現地でビジネスをしている人たちのお話を伺わないと、なかなかぴんと来ない。特に、アフリカについては、(少なくとも私の場合は)頭の中に、基本的な数字がきちんと入っていないので、余計にそう感じるところがあるし、さらに近年の経済成長が著しく、変化が大きいという一面もある。

 少しだけ、数字を押さえておこう。

 例えば、2009年から2014年までの世界全体の名目GDP(国内総生産)の伸びは、年平均3.7%。これに対し、アフリカは6.8%の伸びを示している。この伸びは、必ずしも1人当たりGDPが低い国の高成長だけに支えられたものではない。

 PPP(購買力平価)ベースの1人当たりGDPを見てみよう。世界銀行の統計によれば、2013年の同数値は、ブラジルが約1万5000ドル、中国が1万2000ドル弱、インドネシアが約9600ドル、インドが約5400ドルだ。

 これを頭に入れていただいた上で、ボストン コンサルティング グループ(BCG)が推計した2014年の数値を見ると、アフリカの上位国は以下のようになる。

国名 1人当たりGDP(ドル) 経済成長率(%)
ボツワナ 1万6034 6.5
アルジェリア 1万4259 5.7
南アフリカ 1万3046 3.0
チュニジア 1万1300 3.8
エジプト 1万877 3.7
ナミビア 1万763 6.8

 インドネシアを上回る1人当たりGDPの国々がこれだけあり、さらに高い成長率を示しているわけだ。5000ドルから1万ドルの間、すなわちインド並み以上の国々として、上記の6カ国に、モロッコ、アンゴラ、ナイジェリアといったあたりが続く。

 こう見ていくと、昨今の資源安や、一部の国での政情不安を乗り越えて、アフリカの国々は成長してきており、グローバル戦略を考える上で、「かなり遠い将来に伸びる地域として、つばつけを考える」という位置づけではとてもなく、「BRICS(ブラジル、ロシア、インド、中国)、あるいはVISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)といった新興国と同列に考えるべき戦略的市場」であることは間違いなかろう。

コメント2件コメント/レビュー

サハラ以北のアラブ人国家をアフリカ大陸でカウントするのはかなり違和感があるのですが・・・ただ、この表にはないガボンや赤道ギニアも含めて基本的に大西洋からギニア湾沿いの国は資源に頼っていますしセーシェル以外は資源価格次第では政情不安が発生してもおかしくない気がしますね。(2015/06/01)

「御立尚資の帰ってきた「経営レンズ箱」」のバックナンバー

一覧

「南アで実感したアフリカ経済のポテンシャル」の著者

御立 尚資

御立 尚資(みたち・たかし)

BCG シニア・アドバイザー

京都大学文学部卒。米ハーバード大学経営学修士。日本航空を経てボストン コンサルティング グループ(BCG)に入社。BCG日本代表、グローバル経営会議メンバー等を歴任。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

サハラ以北のアラブ人国家をアフリカ大陸でカウントするのはかなり違和感があるのですが・・・ただ、この表にはないガボンや赤道ギニアも含めて基本的に大西洋からギニア湾沿いの国は資源に頼っていますしセーシェル以外は資源価格次第では政情不安が発生してもおかしくない気がしますね。(2015/06/01)

筆者記述の国々、今や注目。何故って― カオスに溢れていて”秩序”の整っていない乃至は秩序未だしの国々と言えるからだ。半ば整い乃至整ってもいないにも拘わらず秩序ある國然としているほど厄介もの扱いになることは、現在の世界観からほぼ公認された國及び明らかに認知された大国にすら散見される処だ。同時にやや大袈裟に言えば、この定義こそが今世紀最大の難題だということで、国境のある國が國であるに始まり、近隣國初めその他の国々と友好関係を保ち且つ多くの國に國として認知されているのを國とし、◯◯國と呼ぶ乃至呼べる等は定義自体を曖昧模糊にしていると思う。ISや南沙岩礁地域を照覧あれ、誰が決めたの?何故そう決めたの?じゃ、どうするの?と民は苛立つ。この堂々巡りのような國論議を真似て麻雀好きのわが国リーダーは勝機我にありと誇示のあまり、解けないパズルを前に早く質問しろよ!と神聖な職場、国会議事堂議場で自らが野次を飛ばす有り様は見苦しい限りであり、自ら蒔いたタネであれば自ら根絶やしも辞さない覚悟でクリアしなければなるまいと思うが如何。 (2015/06/01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長