• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「偏差値50のバラ色人生を考えよ!」 ニーズ至上主義の本末転倒

実学重視の教育が凡人を生む

2015年6月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は、「ニーズと思考」についてアレコレ考えてみる。 

 遂に、大学のカタチが変わることになった。L型とG型。昨年、物議をかもした「ローカル人材を育成するL型」に、多くの大学が移行を迫られることになったのである。

 今月4日。「大学を職業教育学校に」との方針が政府から示され、実践的な職業教育や技能訓練を行う「職業教育学校」に既存の大学や短大などに転換してもらい、2019年度からの実施を目指すことになった。

 職業教育学校とはL型のこと。改革の目的は、産業界のニーズに合った即戦力型の学生の育成。職業教育学校への転換は、少子化で学生の確保に苦しむ私立大学などの救済にもなる。

 続いて、8日。文部科学省は、全86の国立大学に、既存の文学部や社会学部など人文社会系の学部と大学院の廃止や分野の転換の検討を求めた。

 国立大に投入される税金を、ニーズがある分野に集中させるのが狙い。財政事情が悪化する中、大学には「見返り」の大きい分野に力を入れさせるという考えだ。

 職業訓練校の設置自体には反対ではない。だが、産業界のニーズ、即戦力、見返り………、カネ、カネ、カネを臭わす言葉のオンパレードが、どうもしっくりこない。

 とはいえ、“L型”の具体的な内容を忘れちゃった方もいると思うので、ベースとなった「我が国の産業構造と労働市場のパラダイムシフトから見る高等教育機関の今後の方向性」と「新たな高等教育機関を『4流の大学もどき』にしないために」という、経営共創基盤CEOの冨山和彦氏のの資料を、ちょいとばかり振り返っておこう(以下抜粋)。

コメント8件コメント/レビュー

すごく面白く拝見させて頂きました。
コメントにありました通りやるなら講師や生徒とも「G大学」と「L大学」の間に行き来出来れば良いと思います。
日本は自由な発想を求めていながら実際には抑圧している。
小学校に入った瞬間から枠にはめさせ、社会に入ってもなお枠からはみ出ようとする者は同僚すら疎まれてしまいます。日本独特の「常識」がかえって自由な発想を奪われて、次第に「無関心」な若者も増えている要因の一つではと感じています。政府は上辺ばかり見ないでもっと深いところまで掘り下げて見るべきです。
日本は日本ならでは良いところがたくさんあります。
しかしながら子供を持つ私はチャンスと経済さえ許せば日本を捨てて教育の高い国へ行きたいと切に願う事があります。(2015/06/18 12:15)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「「偏差値50のバラ色人生を考えよ!」 ニーズ至上主義の本末転倒」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

すごく面白く拝見させて頂きました。
コメントにありました通りやるなら講師や生徒とも「G大学」と「L大学」の間に行き来出来れば良いと思います。
日本は自由な発想を求めていながら実際には抑圧している。
小学校に入った瞬間から枠にはめさせ、社会に入ってもなお枠からはみ出ようとする者は同僚すら疎まれてしまいます。日本独特の「常識」がかえって自由な発想を奪われて、次第に「無関心」な若者も増えている要因の一つではと感じています。政府は上辺ばかり見ないでもっと深いところまで掘り下げて見るべきです。
日本は日本ならでは良いところがたくさんあります。
しかしながら子供を持つ私はチャンスと経済さえ許せば日本を捨てて教育の高い国へ行きたいと切に願う事があります。(2015/06/18 12:15)

「G型大学」を今まで以上に充実させることも同時に行うなら、「L型大学」も悪い話ではないと思います。「L型大学」を「大学」と呼ぶから嫌な気持ちがしますが、大学はちょっと多すぎるので廃止して、新たに高等職業訓練校を作ろう、ということと実質的には同じです。現実的には「廃止」という形を取れないので、「大学」という名前を使い続けているだけ。■問題は「L型大学」にあるのではなくて、大学全体に「実学重視」の圧力が掛かっていることです。学問の追求「も」大事であることを認め、「G型大学」も、これ以上に充実させるべきでしょう。■あとは、「L型」と「G型」の間で、学生が行き来できるように、また、教員も兼任したり移動したり出来るように制度を整えれば、「L型」も「G型」も栄えることが出来ると思います。(2015/06/16)

筆者は大学生の取材をしたことがあるのでしょうか。国内トップレベルの大学でさえ4年の内1年以上遊んでても卒業できるゆるすぎる制度です。これで何を学んでいるのか。せめて大学くらいはカネの臭いをさせたくないという思いがあるように読み取れますが大学生ほどカネにまみれてる年代はありませんよ。ぜひ一度大学生の生活をご確認して下さい。大学を職業訓練校にするのは自分も反対です。学校で学んだことがどれだけ仕事に役立つかなんて誰にもわかりません。断言しますけど90%以上は無駄になります。(2015/06/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

海外の取引先のやり方に合わせたら、それが違反だとなったわけです。

藤田 伸治 藤田観光バス代表取締役