• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界的なバブル崩壊か

サウジアラビア株急落に見る方程式

  • 本多 秀俊

バックナンバー

2006年6月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 相場の神様も、時々、妙ないたずらをする。まずは2つのチャートを見比べていただきたい。

   上のチャートは、2004年3月31日から2006年6月15日までのサウジアラビア全株指数の値動き、下のチャートは、1983年12月26日から1990年12月13日までの日経平均株価の値動きを示したものだ。チャートに表示した期間は、2つとも終値ベースで史上最高値の4分の1に達した水準を起点にし、史上最高値が同じ位置に表示されるように選択している。

   値動きの類似は一目瞭然だが、2つのチャートの最も特徴的な共通点として、

(1)上昇局面にあって、株価が最高値の半値から4分の3の水準に達する過程で本格的調整売りを挟んで揉み合いを見ている、
(2)高値から急反落した株価が4分の1戻しの水準で一旦底打ちし、調整買い局面を見ている、
(3)再び株価は下落基調をたどるが、半値戻しの水準で再び踊り場を見つけ、揉み合いに突入している、

の3点を挙げることができる。

   もちろん、最高値の半値とか4分の3の水準といった指摘は、こうして過去を振り返って初めて言える議論だ。が、それにしても、この奇妙な符合は何なのだろうか。

  株価が4倍に達するのに、日経平均の場合、1485営業日を必要としたのに対して、サウジアラビアの場合、たったの573営業日しかかからなかった点は、時価総額の違い、もしくは当時と現在の投資資金の流れ、情報伝達のスピードを比べれば説明がつく。

日本のバブル崩壊からの教訓

   これほどまでの類似を説明するのは何があるのか。

 例えば、この値動きの「相似形」から、「サウジアラビア株価の低迷は今後当面続き、5000サウジリヤル割れ水準で底値を打つ可能性が高い」との推論を導き出すだけでは、サウジアラビアへの投資に直接関心のある投資家以外には、「興味深い」だけで、何の役にも立たないだろう。

コメント0

「Money Globe ― from London(本多 秀俊)」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員