• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

もてると儲かる、は相手に合わせるのがコツ

  • 浅川 夏樹

バックナンバー

2006年8月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

次期総裁選で外交問題も大きな争点になりそうですが、外交も投資も相手によって攻略を考える必要がありそうです。

お客さまA 「総裁選だけど、ママたちは誰を応援しているの?」

ママ     「銀座のクラブでは、選挙と宗教と野球の話は原則タブーなのよ」

Aさん    「下手なことは言えないわけか。でも、俺は無宗教だし、野球よりもサッカーファンだから教えてよ。今は、安倍さんがリードしているけれど、女性から見たら渋い麻生さんの方が魅力ある?」

ママ  「外交はスキャンダルが命取りだから、その点では麻生さんかな…」

夏樹  「麻生さんは、遊ぶにしても、ガードが固い祇園とか選んでいそうな感じですよね」

ママ  「官舎に愛人を呼んでいたケチな政治家もいたわよね」

Aさん 「確かに、政治家が女性スキャンダルで不利な外交カードを突きつけられたって噂は聞くからな、男の悲しい性だよな…」

ママ  「男性って、浮気しようとするくせに不器用なのよね」

夏樹  「うん、どの女性にも同じアプローチだし」

さん 「言われてみれば、相手が違うのに、どの女性にも同じアプローチしているな…」

ママ  「それに、何にでも必ず白黒つけたがるし、二者択一が好きなのよね」

コメント0

「浅川 夏樹の「投資は夜学ぶ」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員