• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

24時間取引できる外貨運用(2)

[CHAPTER 2] 取引はカンタン 実践!FX

  • クールインク

バックナンバー

2006年12月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 オンライントレードができる環境があれば、いつでもどこからでも取引できるのがFXのもうひとつの魅力。世界中から参加者が集まる為替市場で確実に収益を上げよう。

 FXでの取引に必要なのは、オンライントレードができる環境だ。パソコンとインターネットができる環境があれば、どこでもそこがトレーディングルーム。口座を開設し、証拠金を入金しさえすれば、いつでも為替市場に参加できる。

 そのFX口座を作る際の取扱会社選びのポイントは、安定した取引システムを提供している会社かどうか。発注やレート提示のちょっとしたもたつきが、収益機会を逃したり、不利なレートでの約定につながることもあるからだ。

 もうひとつ重視したいのが、提供情報の質。世界中の為替取引のプロが参加するインターバンク市場が舞台になるので、精度の高い情報の入手が損益に直結する。手数料の安さだけを見て取扱会社を決めると、情報面で同じ舞台に立てず、手数料分のメリットは一瞬にして吹き飛ばされてしまうこともある。

 口座開設後のはじめての取引は、情報量も豊富な「米ドル/円」か「ユーロ/円」の「買い」からスタートしてみたい。証拠金にゆとりを持たせてじっくり構えれば、収益チャンスも狙えるだろう。

「特集「最新投資術」 FX」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長