• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

貿易収支:11月は黒字額大幅増、原油高が一服で

2006年12月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 財務省が12月21日に発表した11月の貿易収支(速報)は、黒字額が前年同月比54.1%増の9159億円で、2カ月ぶりに前年を上回った。貿易収支は通関ベースの輸出額から輸入額を差し引いたもの。

 輸入額は前年同月比7.5%増の5兆7159億円で、20カ月ぶりに伸び率が1ケタ台に下がった。原油価格の高騰が落ち着き、原油輸入額が30カ月ぶりに減少したことが主因だ。原粗油(注)の輸入額は同6.6%減の8220億円。1キロリットル当たりの原油価格は4万4440円と前月より7%の減少となった。

 輸出額は、前年同月比12.1%増の6兆6318億円。米国向けの自動車や、アジア向けの鉄鋼などが引き続き好調だった。

 対米貿易黒字は、自動車や電算機類などが増えて、前年同月比7.9%増の8524億円で22カ月連続の増加。対EU貿易黒字は、同50.8%増の3401億円と13カ月連続で増えた。

 対中国の貿易赤字は2949億円。前年同月よりも赤字幅が6.8%縮小した。対中赤字の縮小は3カ月ぶり。

 11月の平均為替レートは1ドル=118円13銭(前年同月は116円66銭)だった。

(注)「原粗油」は、原油及び粗油のこと。粗油は精製していない原料油の総称で、日本では関税法上、原油とは別に扱う。

(NBO)

コメント0

「経済関連指標」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長