• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

インフレも不況も心配なし

米国経済、視界良好に

  • 鈴木 敏之

バックナンバー

2007年1月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 石油ショックの時代、インフレと景気の停滞が同時に起き、それはスタグフレーションと呼ばれた。これは、経済の状態としては最悪である。その反対に、インフレーションは安定して、経済の持続的な成長が見込める時は、「ゴルディロックス経済」と言われる。

 日本では聞き慣れない「ゴルディロックス」とは、童話の主人公である少女の名前だ。彼女は、迷いこんだ家で、3つの容器に入ったオートミールを見つけた。それぞれ、熱過ぎたり、冷た過ぎたりするのだが、1つだけほどよい温度のオートミールがあった。彼女は、それを食べたのだ。この童話から、景気が熱過ぎるというインフレの心配がなく、一方で冷え込みも心配しなくて済む理想的な経済状態を「ゴルディロックス」と呼ぶ。

 2003年から始まった原油価格の急騰の悪影響が薄れ、一方で、住宅バブル崩壊の悪影響も限定的なものになりそうだという見通しを持てる。インフレも停滞も、どちらの不安も同時に解消しようとしている。最近のミニスタグフレーションの状態から、ゴルディロックスの状態に戻りつつあるわけで、そのことが米国民の消費マインドを明るくさせている。

インフレ懸念に対する5つの安心材料

 しかも、インフレ懸念に関しては、安心材料が次々と出てきている。

 5つの例を挙げると、第1に、原油価格の落ち着きがある。これによって、インフレ期待が沈静化してきた。

 第2に、新たなディスインフレの波がやってきたことがある。コンピューター、家電、自動車、衣料品など、需給バランスが崩れていると見られる商品で値下げの動きがある。供給過剰、在庫過剰があれば、大胆な値引きで、一刻も早く処分するのが「アメリカ株式会社」の社是である。このため、新たなディスインフレの波が起きようとしている。

 第3に、「帰属家賃」というインフレ推進要因に対する理解が深まってきたことがある。物価統計では家賃項目が上昇しているが、これは、統計上の技術的な問題が反映した結果であって、インフレとは言い難い動きである。住宅価格が下がる時には、家の購入が控えられ、住宅を借りる需要が増えるだけのことなのだ。しかも、「帰属家賃」という、実際の取引を反映しない項目が、計算上だけ数字が上がってしまう。物価統計としてはインフレが進行しているように見えるが、その背景では、住宅価格が下落している事実があるのだ。従って、「帰属家賃」が上昇しても、さして問題はない。

 第4は、労働需給が逼迫していることを警戒しているが、これについての楽観論が出てきた。確かに、失業率は4.5%と低く、賃金の上昇も起きている。当然、金融政策を担うFRB(米連邦準備理事会)は、インフレ警戒を取らざるを得ない。しかし、この判断の基となっているフィリップス曲線は、インフレが起きそうな動きとなっていない。原油価格の上昇を見て、販売価格に転嫁できた商品は限られている。賃金の上昇は、商品価格に転嫁できるだろうか?

 アメリカ株式会社の経営戦略は、そうしたコストの上昇があった場合は、まず生産性を高めようとする。それでもコスト削減が不十分ならば、不採算事業を縮小、売却することが検討されるだろう。コストが上がったからといって、価格が上げられるほど経営環境は甘くないのだ。もし、簡単に価格に転嫁できていれば、ビッグスリーの経営状況が今のような惨状にあるはずがない。

 第5に、金融政策への信認がある。バーナンキ議長の設定した金利水準は、シミュレーションをしてみると、グリーンスパン前議長が設定したであろう金利よりも高い。インフレ退治への姿勢は、予想以上に強いものがあることが、理解され始めている。それはインフレ期待の抑制になる。

コメント0

「Money Globe- from NY(鈴木 敏之)」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック