• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米国経済をリードする意外な地域

  • 矢野 和彦

バックナンバー

2007年1月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国経済を地域や産業の動向という視点から眺める際、一般にニューヨークのウォールストリートや、自動車ビッグスリーなど中西部の製造業、そしてハイテク企業の集積するカリフォルニア州のシリコンバレーなどがまず頭に浮かぶことが多い。ウォールストリートの金融機関の史上最高益やビッグスリーの凋落についての話題が紙面を飾り、あたかも米国経済がこれら産業の動向や、それを擁する地域の経済情勢によって動かされているかのような錯覚を抱くことも少なくない。

 しかし広い米国を改めて見渡すと、日本人にとっては米国のどこに位置しているのか思い浮かべられないような州や地域が、実は意外なほど強い成長を見せ米国経済を牽引していることに気づく。

強い4地域と弱い4地域

 図1は、2005年の実質州内総生産の成長率が全米平均を上回った州と下回った州とに色分けしたものだ。前者は赤色、後者は黄色で示している。これをみると、米国を東西に分ける中央線より西側に位置する諸州と、南東に位置する諸州の成長率が平均を上回る「強い州」であることが分かる。

 これをさらにいくつかの地域区分に分けてみることもできる。商務省経済分析局(BEA:Bureau of Economic Analysis)は、全米を8つの地域に分けた成長率を公表している。8つの地域とは、北東部(New England)、中東部(Mideast)、南東部(Southeast)、5大湖周辺部(Great Lakes)、平原部(Plains)、山岳部(Rocky Mountain)、南西部(Southwest)、西部(Far West)である。

 これら8つの地域区分について、2003年から2005年にかけての成長率を全米平均と比較すると、南東部、山岳部、南西部、西部の4地域は3年連続で全米平均を上回り、かたや北東部、中東部、5大湖周辺部の3地域は3年連続で全米平均を下回っている(平原部は2003年のみ全米平均を上回ったが、2004年、2005年と2年続けて全米平均を下回った)。

 つまり、前者4地域が米国経済を牽引する「強い地域」、平原部を含む後者4地域が総じて元気のない「弱い地域」という明確な色分けができることになる(表2)。

南東部はフロリダ州、バージニア州が牽引役

 強い4地域のうち、唯一東に位置する南東部は、属する州の数が12と最も多い地域だ。このため州別に見ると多少の濃淡があるが、特に観光業が強く全米各地からの移住を背景に安定的な人口増加が続いているフロリダ州と、エレクトロニクス産業などハイテク企業の集積が進み、昨年フォーブス誌が「最もビジネスに適した州」に選出したバージニア州の堅調さが際立っている。

 また、日韓メーカーの進出を含め自動車産業の集積が進んできたアラバマ州や、300社を超える日系企業が進出するジョージア州の経済も堅調な拡大を見せている。

意外な強さを見せるアリゾナ州、アイダホ州、ユタ州

 南東部を除けば、強い地域はすべて中央より西側に位置している。これらのうちカリフォルニア州やネバダ州、ハワイ州など西部(Far West)地域の強さについては、近年の住宅価格高騰に絡めて伝えられることも多かっただけに、さほど意外感を抱く人は少ないだろう。

 むしろ意外とも言える力強さを見せているのが、ネバダ州を取り囲む形で同州に隣接している南西部や山岳部のいくつかの州だ。具体的には南西部のアリゾナ州、そして山岳部のアイダホ州、ユタ州などである。これらの諸州は多くの日本人にとっては砂漠(アリゾナ)や農業、鉱業の州といったイメージが強く、米国をリードするような州経済の拡大を思い浮かべるには苦労するのではないだろうか。

コメント0

「Money Globe- from NY(安井 明彦)」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長