• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

円安放置すれば、日本人はモテなくなる?

  • 浅川 夏樹

バックナンバー

2007年2月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 海外の通貨に比べると大幅に低い金利の円。今の金利状態では、円安に誘導するだけで、けして健全な状態ではないと誰も思いながらも、ずるずると先延ばしにしていくとどうなってしまうのでしょうか。

ママ   「もう、最近の政治ニュースは柳澤厚生労働大臣の『産む機械』と、タレント出身の『宮崎県知事』のニュースと次の選挙のことばかり。政治じゃなくて政局占いみたいで、ワイドショーのネタと変わらなくて呆れちゃうわ」

夏樹   「女性に対して『産む機械』はないと思いますけど、あの発言は、少子高齢化を懸念するあまり不適切な発言になってしまったわけで、論点が『別なところに行ってしまった』って感じですね」

お客様  「柳澤氏は、東大法学部卒の大蔵省官僚という経歴を買われて2001年に金融担当大臣になったんだけどね。ともあれ、少子高齢化対策は早急に取り組まなければならない問題だけど、超低金利で通貨の円に黄色の信号が点滅している。こっちも早急に何とかしなきゃならない深刻な問題だよ」

夏樹   「医療費の削減や年金問題は、今後財政に大きな問題になるだけに、財政にも通じている人という意味もあったかもしれませんが、確かに結果的には配置の失敗かもしれません」

お客様  「少子高齢化対策は医療費や年金に関わるので長期的に重要な問題だけど、短期的に見れば円の超低金利は深刻な問題だよ」

夏樹   「福井総裁もつらい立場ですよね。金利を上げれば、日本の輸出業者がダメージをくらってしまうし、上げなければ、円の国際的な価値がどんどん下がってしまうから、前に狼、背後に虎という状態です」

お客様  「1990年代中頃の円は『世界最強の通貨』と言われていたのに、超低金利を8年も続けたせいで円はすっかり弱くなってしまったよな」

ママ   「円が強いとか弱いとかいうイメージは、外国へ旅行に行くと実感するわ。お買い物をしていて、円が強いと『安い』って思うし、弱いと『高い』って思うことよね」

お客様  「円を現地通貨にする時は円安は厳しいが、逆に現地通貨を円換算にする時には歓迎すべきこと。自動車、電化製品を代表にメード・イン・ジャパンの製品は、海外では競争力があるから、外国での利益を円建てにした数字はどんどん増える。輸出企業はうれしい悲鳴だよな」

夏樹   「最近は個人投資家も、円建ての金融商品より外国ファンドに投資する人が増えたから、個人も会社も資産を守るために円を売って外貨に替えるキャピタルフライトを起こしていて円安傾向になるのも当然です」

ママ   「やっぱり円安の傾向は変わらないの?」

コメント5

「浅川 夏樹の「投資は夜学ぶ」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授