• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アジアで3位、インド企業のガバナンス評価

  • マニッシュ・バンダリ

バックナンバー

2007年2月13日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ここ2~3年、インドの株式市場は急拡大を遂げ、世界的に注目されるようになった。消費の好調で今や経済成長は8%以上の伸びを見せており、投資テーマも豊富だ。

 インド経済は消費と投資の双方が拡大するというかつてない局面にある。そのどちらかが欠けても減速する恐れがあるが。

上場企業は4500社

 そうしたインド経済の好調を享受している最大のものが株式市場だ。インドにはなんと4500社以上が上場している。そのうち、半分近くは取引が少ない銘柄だが、2000社以上の銘柄が活発に取引されている。

 インドの上場会社も日米欧のマーケットに上場する会社同様、投資家に様々な情報開示を行っている。インドではSEBI(Securities and Exchange Board of India)と呼ばれる証券監督当局が目を光らせており、取引所の上場ルールやコンプライアンスに反するようなことがあると厳しく罰せられる。会計基準やガイドラインも厳格に定められており、そうした点からは、インド企業への投資リスクは案外低いと言える。

コーポレートガバナンスへの評価は高い

 最近のインド経済や株式市場の急成長ぶりはメディアなどで紹介されているが、成長を支えるインド企業の姿についてはあまり知られていないはずだ。そこで今回はここ数年、インド企業に起きている大きな変化について取り上げたい。ポイントは3つある。

 第1の変化は、インド企業が「企業価値の向上」に向けて経営のカジを切りだしたことだ。独立非営利団体である (ACGA)(アジア・コーポレート・ガバナンス・アソシエーション) の2005年調査によると、インド企業のコーポレートガバナンスは総合点で61点と、シンガポールの70点、香港の69点に次いでアジアの10の国及び地域で3位に位置づけられている。ちなみに4位のマレーシアは56点だ。

 フランスの金融機関であるクレディリオネとACGAが共同して行ったコーポレートガバナンスの調査によれば、インドのIT(情報技術)企業の代表であるインフォシスは、英HSBCに次いで第2位の評価を得ている。この調査で、インフォシスはインド企業の中でも企業理念の優れた企業と評価された。インフォシス以外にもインド企業では上位25社の中に、IT企業のウィプロ、重電のバハティールなどもランクインしている。

コメント2件コメント/レビュー

初めてインドの方のインドの記事を目にした様な気がします・・。インド企業を紹介している記事は非常に貴重かつ有益です。次の寄稿をお待ちしております。(2007/02/13)

「インドの魅力&魔力 投資編」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

初めてインドの方のインドの記事を目にした様な気がします・・。インド企業を紹介している記事は非常に貴重かつ有益です。次の寄稿をお待ちしております。(2007/02/13)

インドの経済躍進は、NHK始め多くのマスコミで伝えられているが、それでもインド経済の実態は未だ一般の日本人には身近に感じられていないように思う。今回の記事は、そのようなギャップを埋めるものであり、マニッシュ・バンダリ氏には今後とも投稿を期待したい。(2007/02/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授