• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

それでも必要な内部統制

万能でない会計制度補い、経営にも有効

  • 杉田 庸子

バックナンバー

2007年2月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国の会計士にとっては冬から春にかけてが1年で最も忙しい時期だ。多くの会社は12月決算なので、年度の決算発表は2月から3月に集中する。我々監査に携わる会計士は企業が作成した関連資料などを基に、経理処理にミスや不正がないかチェックする。私もここ数週間、休日返上で担当企業に詰めているといった状況だ。

 会計監査は会計士の社会的任務そのものと言える重要な業務だが、3年前からさらに重要な責任が課された。日本でも今、話題になっている内部統制の監査だ。内部統制をおおざっぱに説明すると、「会社の情報を、外部に正確に伝達するための仕組み」のこと。現在米国上場企業に対しては「財務諸表の信頼性」と「内部統制の有効性」の2本立ての監査が実施されているわけである。

 会計士が内部統制にまで目を配るようになったのは、2001~02年にエンロン、ワールドコム、タイコ・インターナショナルといった企業が、世界中の注目を浴びるような不正会計事件を起こしたのがきっかけだ。

 株式市場を大きく揺るがしたこれらの不正会計事件は、様々な問題を露呈させた。会計監査人と企業との癒着、アナリストの怠慢、経営者の暴走を止められなかった取締役会、会計処理基準が未整備だったSPE(特別目的会社)取引、株価に依存しすぎた経営陣の報酬制度――とその原因は複雑に絡まっている。

 こうした問題に対処するため、米国は2002年にサーベンス・オクスレー(SOX)法という新制度を構築した。SOX法は、正式には「上場企業会計改革および投資家保護法(Public Company Accounting Reform and Investor Protection Act of 2002)」と言うように、株式市場を舞台にした資本主義の歪みを是正するために生まれた法律だ。

昨年後半から高まってきた見直しの声

 このようにSOX法は、不正会計で崩れかけた米資本市場の威信を取り戻すために誕生したのだが、施行から5年目を迎えようとする今、揺り戻しの渦に巻き込まれようとしている。今年1月、「ニューヨークと米国がグローバル資本市場においてリーダーシップを維持するには(Sustaining New York's and the US'Global Financial Services Leadership)」という報告書が公表された。

 この報告書はニューヨーク証券取引所の弱体化を危惧するマイケル・ブルームバーグ・ニューヨーク市長とチャールズ・シューマー上院議員がコンサルティング会社のマッキンゼーに依頼して作成されたものだ。この中で、米国資本市場の過剰規制と訴訟制度が資本市場の競争力を低くしているとの主張とともに、対策の1つとしてSOX法の緩和が取り上げられた。

 こうした声は昨年から実業界を中心に高まっている。グレン・ハバード元米大統領経済諮問委員会委員長を筆頭に産業界や資本市場関係者の有識者で構成する「市場規制に関する委員会(Committee on Capital Markets Regulation)」が、2006年11月30日にまとめた報告書でも、米国の証券取引所の地位低下を取り上げ、その要因にSOX法404条が影響しているという見解が記載された。

 「市場規制に関する委員会」の報告書によると、1990年代後半には、本国以外で行われるIPO(株式新規公開)の48%について、ニューヨーク証券取引所など米国内の証券取引所で行われていたが、2005年には6%、2006年は9月までで8%に落ちこんだ。一方、ロンドン証券取引所は過去3年間に5%から25%に上昇している。また、2005年に行われた公募額で上位25のIPOのうち、24件は米国外で実施され、2006年は11月時点で10件中9件が米国外だった。

 こうした状況は、米国外の証券市場が力をつけているという以外に、米資本市場の過剰な規制が原因と報告書は記載しており、SEC(米証券取引委員会)による監督行政の改善と、SOX法404条の運用を緩めるべきとの意見が述べられている。

20年の禁固刑、500万ドルの罰金

 ここで取り上げられたSOX法404条とは、日本でも昨年頃から話題に上ることが多くなった「経営者による内部統制の評価」に関する規定のことだ。404条では、経営者に対し、会計年度末の財務報告に不正が起きないように組織的な防止策(内部統制)が働いているのかの評価結果を年次報告書に開示することを求めている。また経営者が内部統制の評価を適正に行っているかをチェックするため、会計監査人が監査を実施することを課した。

コメント8件コメント/レビュー

内部統制を強化すれば期限切れ食品の出荷防止には有効だろうが、損失の隠蔽(日興コーディアル)、談合(ゼネコン)、上層部の意図を忖度した不作為(関電)、データ改竄(東電)など会社ぐるみの所業についてはどうか?(2007/02/28)

「杉田庸子の「U.S.発 企業会計最前線」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

内部統制を強化すれば期限切れ食品の出荷防止には有効だろうが、損失の隠蔽(日興コーディアル)、談合(ゼネコン)、上層部の意図を忖度した不作為(関電)、データ改竄(東電)など会社ぐるみの所業についてはどうか?(2007/02/28)

そもそも現在の株式会社とそれを取り巻く法制度の仕組みは、それ自体が人々の欲望をできるだけフェアに満たすための道具として、多くの失敗と反省の末に考案され修正されてきた結果です。それでも人間の欲望はどこまでも深く、これだけがんじがらめにしても間隙を縫って悪事を働く連中が後を絶ちません。SOX法はそういう連中の息の根を止めるために発案された「やけくそ」のような縛りですね。でも、杉田さんが仰るとおり、いくら縛りをきつくしても結局のところ経営者と社員のモラルの向上以外に不正と規制強化の悪循環を断ち切る有効な手立てはないと思います。(2007/02/27)

仮に経営陣の意識が高く、「会社は社会の公器」と考えていて、財務諸表の信頼性を確保できたとしても会社法で求めている内部統制の範囲ははるかに広く、全てのリスクに対応する事を求めています。現在のJ-SOX騒ぎでは、この点を忘れている広告やセミナー、記事が殆どです。監査法人の方には、さらにこの点を強調してもらいたいと思います。新日本インテグリティアシュアランスのhttp://www.siai.co.jp/seminar/pdf/20070221.pdfのように。幸い意識の高い経営者・会社が増えているようで、全社的なリスクマネジメントを含めた内部統制構築のコンサルティングの申し込みが私どもに対しても増えています。(2007/02/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長