• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

短期間の調整経て再び上昇トレンドに

ポスト世界同時株安

  • 服部 哲郎

バックナンバー

2007年3月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2月末の世界同時株安は一巡し、株価は反発したが、株価急落の背景を確認しておくことが今後を見通すうえで重要である。

 急落の直接的な要因は先月27日の中国株急落、米国耐久財受注の予想を上回る減少であった。だがそれ以前に、投資家のリスク許容度が低下する素地が出来上がっていた点は見落とせない。

 すなわち、(1)米国のサブプライム住宅ローンの焦げつき急増などから米国景気の先行きに対する不安感が台頭した、(2)世界経済を牽引し、膨張する貿易黒字を米国債投資などで還流して流動性を供給している中国が、預金準備率の引き上げなどを通じて景気過熱を抑制しようとしているとの観測が台頭した--などである。

 こうした原因から、グローバルな成長や流動性相場の持続性に懸念が生じやすい地合いが形成されていた。株価急落を引き金として、ファンドなどの損失の穴埋めなどから資金の「質への逃避」が発生したため、円キャリートレード(円借り取引)のリスクがにわかに注目され、その巻き戻しから急速な円高が進行するとともに、新興国市場などを中心に相場の下げが加速したのである。

 下落を加速させた点では円キャリートレードの巻き戻しが一役買ったことは間違いないであろうが、今回の世界同時株安を引き起こした主因は米国を中心としたグローバルな成長見通しに関わっていると言える。

リスクを忘れた市場への強烈な警告も

 今回の株価調整はリスクへの警戒感の薄れたマーケットへの強烈な警告であった。投資家のリスク許容度を示す代理変数として、JPモルガン・エマージング市場債券が米国債10年物利回りに対してどれだけのスプレッド(利回りの差)があるのかを用いて説明してみよう。

コメント7件コメント/レビュー

証券会社ストラテジストの言をそのまま信じること自体リスクでもあるが、基本的には氏の見解に同意する。一般に上昇相場は上昇期間が長く下落期間が短い。期間が短い分暴落に近い下げがちょくちょく起こるがその後何もなかったように上げていく。投機家が総投げして上値が軽くなるからであろう。逆に下落期間が長く上昇期間が短いのが下落相場で、時々鋭い上げ(多分カラ売り筋の買戻し)以外は、だらだら下げていく。中長期投資家の実需の売りが断続的に出ているためで、投資家としてはこういう相場のほうが怖い。2003年4月以前はそんな相場だった。今は、企業も増益基調にあるし、しばらく調整した後また上昇に転じるように思える。ただし買った後すぐ暴落されてはたまらない。逆に上昇中は手を出さないでおいて、暴落したら待ってました!と買い出動するのが個人にとっての正しい投資法だと思っています。(2007/03/14)

「Money Globe ― from London(服部 哲郎)」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

証券会社ストラテジストの言をそのまま信じること自体リスクでもあるが、基本的には氏の見解に同意する。一般に上昇相場は上昇期間が長く下落期間が短い。期間が短い分暴落に近い下げがちょくちょく起こるがその後何もなかったように上げていく。投機家が総投げして上値が軽くなるからであろう。逆に下落期間が長く上昇期間が短いのが下落相場で、時々鋭い上げ(多分カラ売り筋の買戻し)以外は、だらだら下げていく。中長期投資家の実需の売りが断続的に出ているためで、投資家としてはこういう相場のほうが怖い。2003年4月以前はそんな相場だった。今は、企業も増益基調にあるし、しばらく調整した後また上昇に転じるように思える。ただし買った後すぐ暴落されてはたまらない。逆に上昇中は手を出さないでおいて、暴落したら待ってました!と買い出動するのが個人にとっての正しい投資法だと思っています。(2007/03/14)

>[最後に、長期金利の低下などから米国景気は軟着陸に向かうと予想するからだ。]--この前提が崩れないとも限らない。レバレッジ借金返済連鎖の逆スパイラルが起こらなければ良いが。新興国が米国に変わって景気持続エンジンになれるか注目。株が上昇するのはそれが、おぼろげながら確認できてからか。今日持ち株の半分売却。(2007/03/14)

マネーゲームが終わる(調整)のか続く(上昇トレンド)のかって話ですよね。マネーゲームが終わるときに必ずババをつかまされて負ける人がいますよね。401Kっていう人。運用という御旗のもと、最後まで持ち続けるしかないですから。あわれですよね、庶民って。21世紀のドナルド・トランプより。(2007/03/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長