• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第10章 ガスプロムの影(4)

2007年3月19日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 7月下旬――

 金沢は、大手町1丁目にあるメガバンクのオフィスでミーティングをしていた。

 「……それで、『エクエーター原則』によって、ファイナンスの手続がどう変わるかといいますと、従来、プロジェクトに関する金融機関向け説明書はインフォメーション・メモランダムとテクニカル・レポート(技術評価書)の2つでしたが、これらに加えて、環境レビューが必要になってきます」

 メガバンクのプロジェクト・ファイナンス部の参事役がいった。

 40代前半の眼鏡をかけた男性で、思慮深そうな風貌をしていた。

 「それはどんな風に作るんです?」

 五井商事の財務部の若手が訊いた。

 「プロジェクト・スポンサーが作ったEIA(環境影響評価書)をもとに、専門のコンサルタントを使って、環境問題担当銀行(エンバイロメンタル・バンク)が、『エクエーター原則』に沿った形でレビューを実施し、文書にします」

 金沢は頷きながら、メモを取る。

 五井商事の2人は、最近にわかに耳にするようになった「エクエーター原則」について教わるため、サハリンBへの融資に興味を示している邦銀を訪れた。

 「エクエーター原則」は、総コスト5000万ドル以上のプロジェクト・ファイナンスを、自然環境や社会に与える影響を十分に考慮して実施するための枠組みで、民間金融機関を対象にしている。2002年後半からABNアムロ(蘭)、シティグループ(米)、バークレイズ(米)、WestLB(独)の4行が、世界銀行グループの対民間投融資機関であるIFC(国際金融公社)の助言を受けて作ったものだ。世界で10の金融機関が採択しており、この邦銀も、今秋採択する予定だという。「エクエーター(赤道)」という名前の由来は、南北にバランスの取れた開発のための世界標準を目指すという意味を込めて付けられている。

 「それから、ドキュメンテーション(融資契約書作成)においても、スポンサーと銀行団が合意したEMP(Environmental Management Plan=環境管理計画)の遵守を定め、遵守状況の定期的報告を義務付ける規定が盛り込まれます」

 「エクエーター原則」は、住民、動植物の生息環境、文化遺産・自然遺産などへの影響度の多寡によって、プロジェクトを3つのカテゴリーに分け、EIAやEMPの作成や開示を義務付け、プロジェクトの全期間を通じて、EMPの遵守を中心とする環境対策を行なうことを定めている。

 EIAにおいて評価・報告される主な内容は、環境問題に関するプロジェクト実施国の法制度、関連国際条約、人権および共同体の健康と安全の保護、文化遺産・遺跡の保護、絶滅危惧種や影響を受けやすい生態系などを含む生物多様性の保護、社会経済的影響、先住民族や社会的弱者グループへの影響、エネルギーの効率的な生産・分配・利用、汚染防止と廃棄物の最小化、といった19項目である。EMPは、各種影響の負担軽減策、行動計画、モニタリングとリスク管理の方法、スケジュールなどについて定める。

 「こういうものができた背景っていうのは、やっぱり、環境問題における金融機関の責任に対する世界的注目の高まり、っていうことなんですか?」

 財務部の若手が訊いた。

コメント0

「黒木亮連載小説「エネルギー」」のバックナンバー

一覧

「第10章 ガスプロムの影(4)」の著者

黒木 亮

黒木 亮(くろき・りょう)

作家

1957年、北海道生まれ。早稲田大学法学部卒、カイロ・アメリカン大学(中東研究科)修士。銀行、証券会社、総合商社に23年あまり勤務して作家に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士