• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

たらいとコップの通貨市場分析

流動性相場における低流動性通貨の先行指標性

  • 本多 秀俊

バックナンバー

2007年3月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2月21日の日銀による政策金利引き上げを契機に進行した金融市場の世界的な混乱も、その後1カ月余りを経てほぼ収束を見せようとしている。この間進んだ世界的な株安、大幅な円高と新興市場通貨安も一服、通貨市場では「円キャリー取引の再燃」を言い出す向きも増えてきた。相場が落ち着きを見せる中で、足元の通貨市場の動向をたらいとコップの違いに例えて解説し、さらに日本人の資産運用の将来について述べてみる。

流動性相場の調整

 現在の金融市場では流動性の多寡が、新興市場株式・債券、不動産投信、さらには金・原油など商品先物といったハイリスク・ハイリターン商品、いわゆるリスク資産への投資意欲を左右する重要な決定要因となっている。昨今の市場の混乱についても、低金利で調達した円を原資として世界の投資市場に行き渡っていた投資資金が、日本銀行の利上げを契機に一気に収縮したことが直接の要因だったと考えることができる。

 昨年5~6月に観察された金融市場における大幅な調整も、現在までに、米利上げ頭打ち観測が一転利上げ継続観測に変わり、市場の流動性が一気に収縮したのが原因だったとの見方が一般的になっている。こうした動きを通貨市場から解読するために、ここでは特に、新興市場通貨の、ここでは特に、新興市場通貨の値動きが市場の流動性、ひいてはリスク資産への投資意欲を映す鏡として重要である、との論を展開したい。

 表は、昨年5月10日のFRB(米連邦準備理事会)による利上げ、今年2月21日の日銀利上げをそれぞれ基準日にして、前後の値動きを示したものだ。通貨市場からは円、ユーロに加え、欧州時間に取引される代表的な新興市場通貨であるトルコ・リラ、南アフリカ・ランドをそれぞれ対ドルで、株式市場からは米S&P(スタンダード・プアーズ)指数と日経平均株価を、基準日を100と指数化して表示した。

昨年5~6月と今年2~3月の違い

 今年2月以降の値動きは21営業日後(3月22日)までしか記載していないが、昨年5月以降の値動きとは、明確に様相が異なることが確認できるだろう。実際、日銀の利上げ実施後12営業日ぐらいを経過した時点で、「今回の調整は、昨年5~6月の調整よりも短期に、しかも浅い調整で終了する可能性が高い」という見通しをはっきりと立てることができた。

コメント7

「Money Globe ― from London(本多 秀俊)」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック