• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

米国サービス分野はなぜ強いのか

実はアウトソーシングでなく、インソーシング大国

2007年4月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1990年代に加速的な広がりを見せた経済のグローバル化、サービス化の波に乗り、米国企業はサービス分野を中心に世界市場においてその存在感を大いに高めてきた。他方、日本は自動車をはじめ一部の製造業においては高い技術を有し存在感を示してはいるものの、サービス分野においてはその存在感は依然小さく、グローバル市場における競争力は欧米企業に大きく劣っている。

 米国のサービス分野の強さの背後には大きく2つの要因があると思われる。第1に、巷間指摘されることだが、IT(情報技術)活用によるビジネスプロセス効率化などを通じた生産性向上だ。そして第2に、サービス経済のグローバル化を主導しつつ、そのグローバル化の果実を自国のサービス分野が享受できる構図を確立したことだ。

米国の生産性向上はサービス分野が支えている

 まず、サービス分野の生産性についてだが、米ブルッキングス研究所のB.ボスワース氏らの研究によれば、1990年代後半の米国の労働生産性上昇の多くは、IT関連財を生産する製造業ではなく、むしろITを活用する側にあるサービス分野によってもたらされたことが示されている。とりわけ小売業やヘルスケア関連、さらに企業向け専門サービス業などの生産性上昇率の加速が顕著だった。個別事例としてもウォルマート・ストアーズによるIT活用などは広く知られている。

 また、IMF(国際通貨基金)の研究者であるT.バヨウミ、M.ハッカーの両氏の分析では、国レベルの生産性上昇率を比較した場合に、IT関連財の「生産」よりもIT投資などITへの「支出」が多い国、つまり「IT活用国」の方が、総じて高い生産性上昇率を見せる傾向があることが確認されている。

 さらに両氏の分析を踏まえて、米ピーターソン国際経済研究所のC.マン研究員は、IT技術の広まりが世界中で共通して見られた現象であったにもかかわらず、その中で米国が抜きん出た生産性上昇率の高さを見せた理由の1つとして、ITユーザーであるサービス分野の企業が、ITを有効活用することでITの潜在力を引き出すことに成功した点にあるのではないかと指摘した。また、同様にIT活用による生産性上昇効果が顕著に見られた国としてオーストラリアを紹介している。

 こうしたITの効率的な活用による生産性上昇率への影響については、生産性の日米比較を行った元橋一之東京大学大学院教授らの研究においても指摘され、90年代後半以降、日本に比べ米国の方がIT利用セクターによる生産性上昇への寄与がはるかに大きかったことが示されている。

海外へのアウトソーシングは国内の20分の1程度

 次に、グローバル化の恩恵についてだが、1990年代は財貿易のみならずサービス取引においても加速的にグローバル化が進んだ時期だった。そうした中で、米国企業は自ら積極的な海外展開を進めグローバル化の流れを主導すると同時に、アウトソーシングを積極的に推し進めることで収益力や生産性を高めてきた。

 もっとも米国企業のアウトソーシング活用に関して言うと、一般にはインドにおけるコールセンター運営やソフトウエア開発など、海外へのアウトソーシング(オフショアリング)が話題になることが多いが、実のところ米企業のアウトソーシング全体に占めるオフショアリングの割合はごくわずかなものに過ぎない。

 全米行政アカデミーの調査報告によると、米企業によるサービス業務のアウトソーシングの大半は米国内にある他の企業へのものであり、オフショアリングは国内アウトソーシングの20分の1程度に過ぎないとされている。例えばコールセンターで言えば、インドよりもむしろユタ州など国内の低コスト地域へのアウトソーシングの方が規模的にははるかに大きい。

 むしろ注目すべきは、米国が海外へのアウトソーシングの発注主体にとどまらず、逆に海外からのアウトソーシングの「受け皿」としても大きな存在感を示しているということだ。

コメント4件コメント/レビュー

具体的に何が強いのかどうすれば日本も役に立てるのかなどというところまで落ちておらず、数字だけ語られてもと思います。(2007/04/29)

「Money Globe- from NY(安井 明彦)」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

具体的に何が強いのかどうすれば日本も役に立てるのかなどというところまで落ちておらず、数字だけ語られてもと思います。(2007/04/29)

日本の過剰品質は、結局高コストにはねかえってきています。それもカルチャーですむ領域ならそれでも良いのですが、グローバル化にさらされてはただの孤高の人です。対外競争力の無い日本の金融や情報サービス業は内需で食うしかないのですが、それもカルチャー障壁がくずれさるまでの一瞬のことですね。(2007/04/29)

サービス産業の労働生産性が日本は低く、米国は高いという調査報告書はOECDでも出ていると思いますが、私は「サービスの質」が正しく反映されていない結果だと思いますね。アメリカに多少でも長く住んだことのある日本人ならみな気づくことですが、米国の各種サービスの質は日本に比較するとひどく低い。ホテルはブッキングを間違える、業者やエンジニアは約束した日時にやって来ない、各種請求書は頻繁に間違える、カスタマーサービスは商品・業務知識が不足、電車、飛行機は頻繁に遅延する、飛行機は荷物を遅延させる、などなどきりがない。コスト削減で、モラルも低く、未教育の低賃金労働に依存している結果です。日本のサービス業の方々は、現実感覚のないエコノミストの言説に惑わされることなく、世界的にも稀有な日本のサービス業の正確さ、丁寧さを維持してくださいね。(2007/04/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授