• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第12章 コールオプション(3)

2007年5月14日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 翌日――

 全国紙や地方紙が「巨大油田開発、日本、イランと合意」「埋蔵量世界第2位の巨大油田」「イランとの友好関係推進に期待~経産省次官が歓迎」といった大見出しで契約締結を報じた。

 東証では、中東関連資源株が軒並み買われ、アラビア石油の親会社であるAOCHDや石油資源開発が高騰し、トーニチまでストップ高になった。

 小泉首相は首相官邸で記者団の質問に答え、「日本とイランとの関係を考えると歓迎すべきことですね」と評価した。

 一方、米国国務省のバウチャー報道官は定例記者会見で「米政府の立場はこれまでと同じで、イランの石油部門への投資には反対する。今回の取引を深刻に懸念しており、取引が進められたことに失望している。日本政府も米政府の立場は理解していると思う」と述べた。

 不快感は示したが、撤回は求めない姿勢を示した格好である。また、マクラレン大統領報道官は「イランが核拡散防止条約(NPT)や国際原子力機関(IAEA)の義務を守らなければ、プロジェクトや両国関係に影響が出るというのが日本政府の理解だと認識している」と述べ、イランの行動次第では、契約破棄もあり得ると示唆した。

 これに対し、中川昭一経産相は「米国の立場は頭に入れている。イランが粛々と核疑惑の払拭に取り組めば、国際社会の理解を得られると確信している」と述べた。

 同じ日――
 
 テヘラン市街中心部を東西に走るアヤトラ・タレガニ通りに聳えるイラン石油省のビルの一室で、3人の男たちが低いテーブルを囲んで茶(チャーイ)を飲んでいた。

 全員がノーネクタイ、ジャケット姿だった。

 「ゴロー(亀岡吾郎)には気の毒だったな」
 顎鬚をたくわえた男がいった。駐日イラン大使で商務官(コマーシャル・アタッシェ)を務めているイラン人だった。

 部屋は石油省の幹部のオフィスで、応接セットの背後に執務机や書棚があり、壁にホメイニ師とハメネイ元大統領の写真が飾ってあった。

 「日本との契約ができて、我々にとっては一安心だが」

 巨大油田の開発に日本を入れたのは、イラン側の政治的思惑が大きく作用していた。

 イスラム革命が上手く行っていないため、不満を持っている国民に対して、現在の体制が日本からも支持されているということをアピールし、国際的には、核問題で米国から批判される盾に日本を使おうという狙いであった。

 「今回は、ウィン・ウィン(双方とも勝者)だろう」
 頬がこけた口髭の男がいった。石油省の幹部であった。

 「METI(メティ=経済産業省)もJNOC(石油公団)が解散になるから、クビにしなきゃならない職員の食い扶持を見つけなきゃならなかったようだし」

 ピスタチオを口に入れ、殻をゴミ箱の中にチャリッと放り込む。かりっとローストされ、軽く塩を振った大粒のピスタチオだった。

 「おかげで、ずいぶん条件は譲歩してくれた」

 NIOCで交渉を担当した男がにやりと笑った。

 日本側への報酬は、開発投資に要した費用に対して、金利を含むIRR(内部収益率)で10%程度と定められている。色々な前提条件で報酬額は変わるが、一番低いケースだとIRRが7.7%程度まで下がる。

 2002年12月に発行されたイランのユーロ建て債券(総額3億7500万ユーロ、期間5年)の利回りは7.75%だ。今回の油田開発で日本側は、コストオーバーランが認めらず、各種のペナルティが科されるリスクまで負って、何もせずに同様のリターンが得られるユーロ債と大差ない条件を受け入れたのだ。

コメント0

「黒木亮連載小説「エネルギー」」のバックナンバー

一覧

「第12章 コールオプション(3)」の著者

黒木 亮

黒木 亮(くろき・りょう)

作家

1957年、北海道生まれ。早稲田大学法学部卒、カイロ・アメリカン大学(中東研究科)修士。銀行、証券会社、総合商社に23年あまり勤務して作家に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO