• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

景気ウォッチャー:3カ月ぶりの低下、4月の景気

2007年5月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 内閣府が5月10日に発表した4月の景気ウオッチャー調査では、街角の景況感を示す現状判断DIは49.7となり、前月から1.1ポイント低下した。前月を下回ったのは3カ月ぶり。また、景気の「良い」と「悪い」の境目である50を2か月ぶりに下回った。

 企業動向関連DIは、前月比0.5ポイント減の50.4となった。製造業の受注は安定しているものの、非製造業では利益の確保が容易でないことから、やや低下した。

 雇用関連DIは、同0.8ポイント増の57.1。企業の採用意欲が引き続き高いことから、高水準で推移した。

 家計動向関連DIは、同1.7ポイントのマイナスで48.2と、11カ月連続で50を下回った。新車販売の不調や低温の影響で春夏物衣料の動きが鈍かったことから、低下した。

 2~3カ月先の景況を読む先行き判断DIは、前月を0.6ポイント上回り、51.9となった。これは2カ月ぶりの増加である。また、横ばいを示す50を4カ月連続で上回る数値となった。

 内閣府は「景気は回復が緩やかになっている」と基調判断を据え置いた。

 景気ウオッチャー調査は、タクシー運転手、小売店や飲食店の店長など、景気の動きに敏感な職業の人々に景気の現状や見通しを聞いたもの。調査対象は全国の約2000人。

(NBO)

コメント0

「経済関連指標」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授