• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

保険金不払いはなぜ起きる?

契約を理解しないあなたにも責任がある

  • 内藤 眞弓

バックナンバー

2007年5月21日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 保険は加入することが目的ではなく、「支払われるべき時」にキチンと「支払われること」が目的で、私たちはそのために保険料を払っています。このことは簡単なようでいて、顧客・保険会社双方にとって難しいことが、多くの不払いや請求漏れの存在により明らかになりました。

 まず、生命保険契約に関する保険会社側の問題点、顧客側の問題点を整理してみましょう。

保険金不払いは契約者側にも問題がある

【保険会社側の問題点】
(1)不安をあおり、安心のイメージだけで販売する
(2)契約内容の説明不足
(3)契約上のルール遵守が周知徹底されない
(4)請求漏れ・支払い漏れを防ぐシステムが構築されていない

【顧客側の問題点】
(1)曖昧な不安から、安心のイメージだけで安易に購入する
(2)契約内容の理解不足
(3)契約であることの重要性を認識しない
(4)「入っていれば安心」と請求時のことを考えない

 このように整理してみますと、顧客・保険会社双方の問題点は、裏表の関係にあることが分かります。ただし、保険会社が商品の開発をし、保険金支払いの可否を決めるわけですから、情報の非対称性から言っても、顧客よりも大きな責任があることはもちろんです。実際にどのようなトラブルが発生しているか、具体例を挙げてみます。

「医師の診査が不要だから給付金は無条件で払われる」はウソ

例1 「医師の診査も告知も不要」ということは給付金も無条件で支払われると思った

 これはメリットばかりを強調し、デメリットをきちんと説明しないことによるトラブルです。給付金が支払われない「免責事由」は、顧客に交付される約款に記載されていますが、細かい字で読みづらく、専門用語が多く分かりづらいといった問題点があります。

 ただし、給付金等の請求に対して、保険会社は何でも支払えばよいというものではありません。「支払い事由を満たしているか」と「ルールに則って正当に契約されているか(告知義務違反はないか等)」を審査し、支払いの可否を判断します。

 保険はたくさんの契約者が保険料を出し合って支える「助け合い」の仕組みです。契約者間の公平性を保つためにも、保険金や給付金支払い時の審査は不可欠です。そして、適切に保険金支払いの可否を判断することが各保険会社のノウハウなのです。

 保険会社は加入のメリットだけではなく、保険の仕組みや意義、契約上のルールなどを正しく伝える責務があると言えます。

告知義務違反をすると払った保険料は一切戻らない

例2 過去の病歴を告知書に書く必要がないと言われたが、告知義務違反を問われた

 前述の通り、保険は助け合いの仕組みです。契約者間の公平性を確保するためには、助け合いの輪の中に入る人の危険度合いを一定範囲内に収めなくてはなりません。職業や健康状態の告知は、そのための判断材料となる重要なものです。

 営業の人に話したことで告知したつもりになる方が多いのですが、本人自ら告知書に記入をしなくては告知をしたことにはなりません。

 告知義務違反をした場合、保険会社は一方的に契約を解除することができます。解除になれば、それまでに支払った保険料は戻ってきませんし、保険金等の支払い事由が発生していても受け取れない可能性があります。

 ただし、契約が2年間有効に継続した後は解除することができません(解除権の消滅)。この解除権の消滅を拡大解釈して、告知義務違反をしても2年経てば何でも保障されると思い込んでいる方がいます。

 それを根拠に、営業の人が告知をしないように勧めることもあります。しかし、2年以内に入院などの給付金支払い事由が発生していると、2年経過後であっても解除できるといった例外規定が設けられているケースがほとんどです。

 保険は契約であることを十分認識し、ルールを守って加入をしないと、支払われない保険金のために保険料を払い続けることになるかもしれません。

コメント23件コメント/レビュー

人の不幸で飯を食う商売の中でも保険業界は最悪である。セールス側と、支払い側はこれが同じ会社かと疑うほど正反対の顔をもつ。これも企業ぐるみの教育の成果である。約款の不可解さは悪徳商法のそれと同様である。保険金を支払わないための姑息な仕掛けが約款にはきっちりもりこまれている。保険金の呆れた金額にクレームをすれば、二言目には判例がどうのこうの。文句があるなら裁判でどうぞとくる。凡人はこれで引き下がると教育されているのであろう。遠慮など必要無い。どんどん訴訟を起こしましょう。交通事故の場合、加害者を被告に訴訟を起こしましょう。弁護士など必要ありません。本人訴訟で十分です。保険会社の詐欺的横暴を許してはいけません。(2007/06/04)

「戦略的・家計運営術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

人の不幸で飯を食う商売の中でも保険業界は最悪である。セールス側と、支払い側はこれが同じ会社かと疑うほど正反対の顔をもつ。これも企業ぐるみの教育の成果である。約款の不可解さは悪徳商法のそれと同様である。保険金を支払わないための姑息な仕掛けが約款にはきっちりもりこまれている。保険金の呆れた金額にクレームをすれば、二言目には判例がどうのこうの。文句があるなら裁判でどうぞとくる。凡人はこれで引き下がると教育されているのであろう。遠慮など必要無い。どんどん訴訟を起こしましょう。交通事故の場合、加害者を被告に訴訟を起こしましょう。弁護士など必要ありません。本人訴訟で十分です。保険会社の詐欺的横暴を許してはいけません。(2007/06/04)

このコラムの筆者に問いたい事がひとつある。貴殿の経歴には、「13年間、生命保険会社での営業を経験した」とあるが、保険商品のしくみを全て理解して販売していたのだろうか。全てのしくみを理解していて、顧客の質問に全て即答できたのであろうか。保険契約の約款は、きめ細かく定義されており、なおかつ専門用語もふんだんに使用されており、それを素人の顧客にわかりやすく説明するのは至難のワザだと思われるが、もしそれを全ての保険販売員が実行できる保険会社があるとすればすごい知識レベルだと言える。そのような社員ばかりであれば、弁護士クラスの業務も可能であると思われるのだが・・・読者のコメントにもあるように、今後、訴訟になれば販売員の責任を問われる事も考えられる(契約時の会話を録音でもしてないと約款には勝てないだろうが)と思われる。(2007/05/24)

契約内容を理解しないあんたも悪いといわれても理解できないように作ってあったら理解などできないです。虫眼鏡でも読めない約款、内容は甲、乙だとか普段使わない言葉。説明を求めても内容がわかってない生保レディー相手ではまともな回答はないし、男なら女性が困った顔してたらつい甘くなる。あれで理解できないほうに責任あるといわれても困惑する。ある意味生保レディーのやってる行為は新たな詐欺のジャンル契約詐欺行為ですね。(2007/05/23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授