• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

再びVC投資が増える米国

バイオ、ライフサイエンス分野が急増

  • 矢野 和彦

バックナンバー

2007年5月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国ではベンチャーキャピタルによる投資が、このところ増加基調を続けている。全米ベンチャーキャピタル協会によると、今年1~3月期におけるベンチャーキャピタルの投資額は総額71億ドルで2001年10~12月期以来の高水準となった。

 件数ベースでは778件と、昨年10~12月期の802件から多少減少したが、1件当たりの投資額の増加によって、金額ベースでは昨年10~12月期の57億ドルから約25%の増加となった。

牽引役はライフサイエンス産業への投資

 1~3月期の投資のうち、初めてベンチャーキャピタルの支援を受けた企業への投資は223件で、金額は15億ドル(全体の21%)だった。このうち、件数にして全体の72%に相当する158件、金額では48%に当たる7億ドルが、「シード」「アーリーステージ」と呼ばれる創業期や成長初期段階にある企業への投資となっている。他方で「レイターステージ」と呼ばれる成熟企業への投資も活発に行われ、2000年10~12月期以来の高水準となった。

 投資先企業を産業別に見ると、とりわけ大幅な増加を見せた最大の牽引役は、バイオテクノロジーや医療機器といったライフサイエンス産業である。バイオテクノロジーは個別業種としては最大の投資先となっており、また医療機器業種への投資額は昨年10~12月期から60%もの急増を見せた。

 無論、ソフトウエア業種やネットワークサービスなどIT(情報技術)関連業種も大きな比重を占めているが、足元では全体の投資額の36%を占めるライフサイエンス産業が、ベンチャーキャピタルの関心を最も集めているセクターのようである。

 現在、米国におけるバイオテクノロジーの市場規模は約400億ドル程度と言われるが、ライフサイエンス産業は21世紀における米国の国際競争力をリードする産業になると期待されている。こうした期待感からベンチャーキャピタルによる同産業への投資も大きく加速しているわけである。

 ちなみに、ライフサイエンス産業の集積や発展について最も有望な都市と見られているのがマサチューセッツ州のボストンで、これに続くのが西海岸のサンフランシスコとその周辺地域を含めた「グレーター・サンフランシスコ」と呼ばれるエリアである。サンフランシスコのあるカリフォルニア州やボストンのあるマサチューセッツ州はともに、ベンチャーキャピタルに支援を受けた様々な業種の企業の集積地としても米国でトップクラスの州である。

驚くべきベンチャーキャピタル支援の長期的な成果

 こうしたベンチャーキャピタルによる活発な投資や、支援を受けて成長する企業が米国に数多く存在すること自体はよく知られている。しかし、米国におけるベンチャーキャピタル支援の長期的な成果が、どれほど大きなものになっているかという点は、必ずしも広く伝わってはいない。

「Money Globe- from NY(安井 明彦)」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長