• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

1年間に使ったお金を追跡しよう

  • 内藤 眞弓

バックナンバー

2007年7月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨年1年間で使ったお金の総額は、手取り収入から使わなかったお金、つまり貯蓄できたお金を差し引けば計算できます。ところが、使ったお金の総額を突きつけられ、すぐに納得できる方は少ないのではないでしょうか。

 「え~、こんなに使ってるわけがない」という反応をされる方が多く、どうも現実を認めたくないようです。でも、現状の正しい姿が分からないと問題点は明らかになりません。

記録と記憶を頼りにお金の行方を追跡する

 日常的に何気なく使っているお金も、どこにいくらのお金が流れていくかを1年間でまとめてみると、様々な発見があります。家計簿をつけていなくても記録と記憶をたどっていけば、おおよそのお金の流れはつかめます。ここでひと頑張りして、わが家のお金の使い方の癖を見つけましょう。

 まず、記録として残っている支出から確定していきます。例えば、住宅ローンや水道光熱費、保険料、お子さんがいらっしゃる方は学校関係費や学習塾などが口座から引き落とされているのではないでしょうか。

 引き落とし以外にもクレジットカードの明細書や領収証などが残っているものもあるでしょう。これらの数字を1年分拾っていき、各項目ごとに総額を出してください。

コメント1

「戦略的・家計運営術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック