• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

現金給与:6月は0.9%減(確報値)

2007年8月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 厚生労働省が8月17日に発表した6月の毎月勤労統計調査(平成19年6月分結果確報)によれば、すべての給与を合わせた1人当たりの現金給与総額は、前年同月比0.9%減の46万5730円だった(従業員5人以上の事業所)。前年同月比減は7カ月連続。

 このうち所定内給与は前年同月比0.4%減の25万1018円で、残業代を表す所定外給与は1万9284円と前年同月に比べて0.5%増加した。

 1カ月の総実労働時間は、前年同月比0.8%減の156.4時間。うち、所定内労働時間は、同0.8%減の145.7時間となった。残業時間を表す所定外労働時間は、10.7時間で、前年同月と同水準であった。

 常用労働者数は前年同月比1.8%増の4445万3000人。うち一般労働者は同0.9%増の3290万5000人、パートタイム労働者は同4.5%増の1154万8000人だった。

(NBO)

「経済関連指標」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長