• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

GDP:(1次速報値)4~6月期は0.1%増

2007年8月13日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 内閣府が8月13日に発表した2007年4~6月期の国内総生産(GDP)の1次速報値によると、物価変動の影響を差し引く前の名目GDPの成長率は前期比0.3%増で年率換算は1.1%増だった。

 物価変動の影響を差し引いた後の実質GDPの成長率は前年同期比0.1%増、年率換算は0.5%増であった。

 総合的な物価の動きを示すGDPデフレーターは、前年同期比0.3%減。37期連続のマイナスとなった。

 実質成長率の伸びは国内需要(内需)が0.1%、財貨・サービスの純輸出(輸出-輸入)が0.0%となった。

 GDPは、一定期間に生産された財・サービスの総額から中間生産物の生産高を除いたもの。物価変動の影響を差し引く前の値を名目GDPと呼び、物価変動の影響を差し引いたあとの実質的な国内総生産を実質GDPと呼ぶ。実質GDPの増加率を経済成長率と呼び、景気の物差しとして用いられる。名目GDPは家計や企業の実感に近いとされる。

(NBO)

「経済関連指標」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授