• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

現金給与:7月は1.9%減(速報値)

2007年9月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 厚生労働省が9月3日に発表した7月の毎月勤労統計調査(平成19年7月分結果速報)によれば、すべての給与を合わせた1人当たりの現金給与総額は、前年同月比1.9%減の38万6446円だった(従業員5人以上の事業所)。前年同月比減は8カ月連続。

 このうち所定内給与は前年同月比0.2%減の24万9977円で、残業代を表す所定外給与も1万9315円と前年同月に比べて0.2%減少した。

 1カ月の総実労働時間は、前年同月比0.1%減の153.5時間。うち、所定内労働時間は、同0.1%増の142.7時間となった。残業時間を表す所定外労働時間は10.8時間で、前年に比べて0.1%減少した。

 常用労働者数は前年同月比1.6%増の4448万4000人。うち一般労働者は同0.8%増の3291万4000人、パートタイム労働者は同4%増の1157万人だった。

(NBO)

「経済関連指標」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授