• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

中国株式市場、2008年ピーク説は「?」

オリンピックの次は万博特需で東証を抜く

  • 豊島 信彦

バックナンバー

2007年9月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中国株にはかなり以前から“2008年ピーク説”がささやかれてきた。2008年8月に北京で開催されるオリンピックに向けて経済が加速、金融改革が進み、株式市場も隆盛を極めるが、開催時には材料出つくしとなり、経済も下降に向かうのでは、という見方だ。

 確かに中国の隆盛ぶりは、目覚ましい。GDP(国内総生産)は12%成長し、人民元も強い。そして株価の勢いも、すさまじい。この2年間で上海A株(人民元建て)指数は215%上昇した。外国人が自由に投資できる香港上場の中国H株(香港ドル建て)指数も108%の値上がりだ。

上海A株と香港H株

 こうした上昇ぶりに、中国株は高過ぎると警戒されている。特に上海市場の上海A株は株価収益率(PER)が50倍と国際水準からかけ離れている。同じ企業で香港に同時上場しているH株の場合は半分以下であることだけを見れば、上海市場のバブルはいつ崩壊してもおかしくはない。

 一方で、本土に近代的な株式市場ができて15年がたち、投資家の眼力も育ち、会計や情報開示制度の整備も進んだことで、冷静な分析もできる環境は整備されつつある。こうした状況を鑑みれば、ソフトランディングで株価が適正値に修正されていくことは十分考えられる。

五輪関連株はそろそろ天井

 現在の株高を支えている要因を材料面から考えれば、北京オリンピックに集約されるのではないか。オリンピックが新興国にもたらす経済効果は言うまでもない。その例は1988年のソウル、64年の東京にさかのぼることができる。日本の場合、新幹線や首都高速建設のきっかけとなったが、開催時には経済は下降に向かい株価も下落していた。しかし、韓国の場合はその後、好景気と株高が1年続いた。

 果たして北京はどちらのパターンなのか。北京では2週間あまりの競技開催のために、5兆円の巨大投資が展開されており、そうした経済オリンピックという面では日本に似ている。中国はオリンピックが終わればGDPが2%ほど押し下げられるとの見方もある。

ソウル五輪とKOSPI(韓国総合株価指数)

東京五輪と日経平均株価の推移

H株指数(1993~2007年)

【最終ページにアンケートのお知らせがございます。是非、ご覧ください。】

コメント0

「豊島 信彦の早耳・聞耳 亜細亜マーケット」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官