• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

外貨商品の特性を知って賢く選ぶ 
~外貨投資(3)

  • 國場 弥生

バックナンバー

2007年9月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日本以外の国や地域へ投資する「外貨投資」の商品ラインアップはバラエティーに富んでいる。高い利益を確実に上げる商品に投資したいのはやまやまだが、「確実に儲かる」話は災いのもと。堅実な基準で選びたい。

 個人投資家にも利用しやすい外貨建ての商品には、大きく分けて「外貨預金」「外貨建てMMF(マネー・マネージメント・ファンド)」「外国為替証拠金取引(FX)」などがある。

 商品の特性によって、金利収入を重視した長期投資に適したものから、為替差益を狙った短期投資が可能なものまで様々だ。投資の目的やスタイルを基に、商品の特性を見てみよう。

 外貨預金は、主な銀行で取り扱われている最も身近な外貨建て商品の1つ。円預金と同様に普通預金と定期預金とがあり、後者の方がより有利な金利設定になっているのが一般的。ただし、通常、定期預金の途中解約はペナルティーが科され、為替手数料が相対的に高めになっているので、必然的に長期投資が前提となる。

 外貨のまま引き出すには手数料がかかるが、金融機関によってクレジットカードやトラベラーズチェックの決済にも使えるので、国際派には利便性が高い。

 外貨建てMMFは、預金のような元本の保証はないものの、短期国債を中心に安全性の高い運用を行うことができる。原則として購入した翌日から自由に解約でき、流動性が高い。一般的に外貨普通預金に比べ利回りが高く設定されていること、為替手数料が安いことから、短期の売買に使いやすい。また、毎月末、実績に応じた収益分配金が加えられ、自動的に複利運用が行われるため、金利上昇時には長期投資でもメリットが高い。

 FXは、近年新しく登場した商品。取引にかかるコストが割安で、ほぼリアルタイムの為替レートが適用されるため、短期的な為替レートの変動を狙いやすい。手元資金の数倍から数百倍の為替取引ができる点や、外貨の「空売り」で円高局面にも利益を得るチャンスがある点など、他の商品と比べて自由度が高い。

コメント0

「3分で学ぶ投資の極意 ~運用実用編」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長