• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「イールドカーブ」で金利動向を読み解く

  • 國場 弥生

バックナンバー

2007年10月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 10月に発行される個人向け国債の条件は「固定5年1.15%、変動10年初回0.85%」。どちらにするか迷ったという人も多いだろう。先行きが読みにくい時期だけに、金利上昇に備えるべきか現状維持と見るべきか、金利商品の選択も難しい。

 金利商品の選択肢は豊富だが、今後金利が上昇すると有利な商品もあれば、逆に金利が下がると有利な商品もある。一般的には、金利上昇時は、後でより有利な商品に乗り換えられない長期固定金利のものを避けるのが原則。加えて、今後金利が上がるにしても、それがどの程度のペースなのかまでを考慮して選ぶのが得策だ。

<図>金利商品の一例

定期預金、変動金利定期預金は三菱UFJ信託銀行のデータ。変動金利型個人向け国債は第20回債、固定金利型は第8回債。その他は、2007年9月23日付け日本経済新聞掲載データより。

 ところで、銀行の定期預金は「1年」「3年」「5年」というように、預ける期間を選択することができる。この時、期間の長さに応じて、適用される金利が異なるのはご承知の通り。例外もあるが「期間が長いほど金利が高い」のが一般的だ。その理由は、現金を使うことを我慢しなければならない期間が長いほど、それに見合った見返りが必要だから、と説明できる。

 それでもやはり「1年と5年、どちらにしよう?」と悩んでしまうのは、この先金利が上がれば毎年更新した方が有利だが、反対に金利が下がれば固定金利で預けた方が有利、という具合に、金利の先行きによって選択肢が変わってしまうからにほかならない。これは預金に限らず、国債を買うにも、住宅ローンを借りるにも、つきまとう大きな悩み。株価や為替の動向を測るにも金利の動きは見逃せない。

コメント2

「3分で学ぶ投資の極意 ~運用実用編」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官