• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第2ステージに入った中国の資本市場政策

  • 豊島 信彦

バックナンバー

2007年10月23日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 10月15日、5年に1度開催される中国共産党全国代表大会(北京)の初日、開幕にあたって胡錦濤総書記(国家主席)が行った活動報告は、金融関係者にとって感慨深いものだった。党の機関紙である人民日報(日本語版)では、報告原文が次のように邦訳されている。

 「金融体制改革を推進し、様々な金融市場を発展させ、多彩な所有形態や経営形式を形成し、合理的な構造を持ち、機能が整い、高効率で安全な現代的な金融システムを整える」

 これを書いた人民日報(オンライン)の日本支社長は東京大学を卒業した知日派で、正確に翻訳したと思われるが、少々、分かりづらい。要は、金融市場の発展方法に踏み込んだ話であり、これまでの市場創成期から次の展開期に移ったとの認識だそうだ。

 さて、次の展開とは何であろうか? 分かるのは、巨大な中国マネーが外に向かって動きだした、ということだ。

池の中の鯨が動きだした

 10月15日、中国と米国の投資信託会社・上海投資信託JPモルガンが4日間の期限で売り出した「QDIIファンド」は、40億ドル(311億元)の募集に対し、申し込みは1000億元を超えて即日完売した。1000億元というと約1兆5500億円である。実はこの種のファンドはこれでこの2カ月間に4本目であり、いずれも40億ドルの枠が売り出し初日に瞬間蒸発してしまった。

 QDIIファンドとは「適格国内機関投資家ファンド」であり、許可を受けた機関投資家が一般個人に売り出して、その資金を海外で運用するオープンエンド型投資信託である。人気の秘密は海外に投資することだ。

 驚くのは集まる金額である。その前にこのファンドは1口1万元(約15.5万円)もすることを言っておかねばならない。都市部のサラリーマンの月給が2000~3000元(3万1000~4万6500円)のこの国で、だ。もっと言えば、コンビニ弁当がわずか10元(155円)の土地で、である。チャイナマネーをあなどってはならない。

コメント0

「豊島 信彦の早耳・聞耳 亜細亜マーケット」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員