• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ポーランド:
中欧の雄、頭脳流出と人手不足の悩み

  • スティーブ・モリヤマ

バックナンバー

2007年11月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「EU(欧州連合)拡大の本質的な意味は、ポーランドの加盟だ」――。

国旗

ポーランドの国旗

 ポーランド、ハンガリー、チェコ、スロベニアなど「新しい欧州」の国々がEUに加盟した2004年5月、フランスやドイツなど「古い欧州」のEU拡大論者たちは、期待感を込めてこうつぶやいた。中欧諸国においてポーランドは、人口3800万人、面積31万平方キロ超を誇り、近隣中欧諸国と比べてずば抜けて大きく、政治経済でも存在感がある。

地図

 ところが、2005年12月にレフ・カチンスキー氏が大統領に就任し、翌年7月に双子の兄が首相に就いた頃から、ポーランドは国際社会のなかで独特の異彩を放ち始めた。まず、双子の兄弟が国家最高権力者ポストに同時に就いたケースは、世界中でポーランドが初めてである。その事実だけでも十分に目立つのだが、それに加えて、毀誉褒貶相半ばするこの2人の人柄と発言内容が、国内外の利害関係者たちを刺激してきたのだろう。

 国内では、「共産主義の亡霊たちと戦う」「不正の温床であるウクワッド(オリガルヒ化した共産党時代の秘密警察OB、役人及びビジネスマンのネットワーク)を根絶する」など、「不正撲滅」を公約に掲げ政権を取ったが、行き過ぎた面もあったようである。報道関係者や公務員など、推定70万人に対して、共産党時代の秘密警察関係者を洗い出し粛清しようとした、との報道が世界中を駆け巡った。実際、今年3月にはこの関係の法律を作ったが、ポーランドの憲法裁判所から違法との判決を受けている。

 また、対EU外交政策についても、ポーランドの年配の有権者には受ける内容でも、フランスやドイツなどの「古い欧州」の国々ではかんばしい評価を受けていない。例えば、大統領の兄のカチンスキー首相は、「第2次世界大戦で何百万人という同胞がドイツとの戦いで命を落とさなかったら、現在の人口はもっと多かったはずだ」という仮定法を用いて、欧州議会におけるポーランドの議決権増大を迫ったという。

 そんな状況の中、今年10月21日の総選挙では大方の予想を覆して中道右派の最大野党「市民プラットフォーム」のトゥスク党首が、カチンスキー首相を倒した。トゥスク氏は、15%のフラットタックス(一律課税、参考記事はこちら)と小さな政府を掲げて、無党派層を動かしたのだ。フラットタックス導入など公約が実現するかはいまだ不明だが、有権者がこれまでの政策にノーを突きつけたのは確かだ。

 今回の総選挙は、中東欧における選挙の常識を覆した点でも注目される。中東欧では民主化以来どの国においても、政治不信や人材流出などの理由で、選挙における投票率が極めて低い。このため、保守政党が政権に居座りやすいという傾向があった。ところが、今回の選挙では、1989年の民主化以来、最大の投票率55%を記録し、特に若者たちの投票率が高かった。しかも西欧などに住むポーランド人の在外投票も殺到したという。

 国籍にかかわらず、人は外国に移住すると、母国に住んでいた時よりも、母国の政治経済により強い関心を持つようになる。恐らく、西側EU加盟国に移住した若いポーランド人たちは、かの地でEU拡大の本質的な意味を肌で感じ、自分の母国が「異形の国」扱いを受け続ける屈辱に耐え切れなくなったのではないだろうか。そんなカタルシスが、今回の選挙結果の本質のように思えてならない。

頭脳流出とスキルのミスマッチ

 現在世界中に住むポーランド人2000万人のうち、欧州には200万人在住と言われるが、このうち医者や看護師、教師など特定のスキルを持った人たちを中心に推定で80万人が2004年のEU加盟後に流出した。そのうち、50万人超が英国へ流れ、それ以外はアイルランド、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、イタリアなどへ、より高い給与を求めて移動した。

 問題は、ポーランドで資格を要する仕事を持っていた人たちが、移住先では必ずしも同じ職に就けていない点にある。英国を訪れると、建設現場やホテル、レストランなど、至る所にポーランド人を見かける。筆者は試しにロンドンのホテルの受付嬢たちに、ポーランドにいた時の仕事を聞いてみたが、やはり教員や医師と答えた人たちが多数いた。医者が日雇い労働者になることさえあるという。

「知られざる欧州の素顔」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長