• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

アルメニア:
商人と美人の狭間で

  • スティーブ・モリヤマ

バックナンバー

2007年11月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

アルメニアの国旗

 日本マクドナルド創業者の故・藤田田氏は、こう言い残している。

 「商売が巧いとされる華僑3人が束になっても、1人のインド人には勝てるかどうか。そのインド人が3人束になっても、1人のアラブ人と同じぐらい。そのアラブ人が3人束になっても、1人のユダヤ人には敵わない。しかし、そのユダヤ人が3人束になってかかっても、1人のアルメニア人には敵わない」

 黒海とカスピ海のはざまに位置し、トルコ、アゼルバイジャン、イランというイスラム教諸国に囲まれた人類史上初のキリスト教国家アルメニアは、旧ソ連の中で最も小さな国だった。だが、紀元前から国際政治経済の場で、大国の思惑に翻弄され続けながらも、今日まで自国のアイデンティティーを失わずに、決して小さくない影響力を持ち続けてきた稀有な国とも言えよう。

 文化的には、欧州、アジア、アラブ、スラブの寄木細工のような国で、一言で表現するのは困難な国である。ソ連時代は 軍需産業で栄えたが、現在は輸出の3割はダイヤモンド加工で、筆者の住むベルギーやロシアとの結びつきも強い。

 アルメニアの歴史は古い。既に紀元前6世紀頃には、クロスボーダー商人の国として知られていたという。紀元前1世紀には、黒海から地中海までを支配するアルメニア人の統一国家「大アルメニア」を築き、繁栄を謳歌した。301年には世界で初めてキリスト教を国教としたが、その後は受難の歴史である。

 ペルシャ、アラブ、モンゴルなどに侵略・支配され、10世紀頃には、多くのアルメニア人がディアスポラ(離散の民)として祖国を後にした。17世紀にはオスマントルコとペルシャに分割統治され、19世紀になるとロシア領となった。

 1936年にソ連の一員としてアルメニア社会主義共和国となり、1991年にアルメニア共和国として独立した。常に他民族に蹂躙され、国境線は動かされ、祖国を追われ、そんな歴史の中で、アルメニア人は、したたかに生きる知恵を身につけたのだろう。

GM、ラッフルズホテル、チェス世界チャンピオン

 世界中で活躍しているアルメニア人の顔ぶれは多彩である。

 米ゼネラル・モーターズ(GM)や娯楽産業のMGMの大量株取引で有名なカーク・カーコリアン、ラッフルズホテルなどで有名なホテル王サーキース兄弟、作家のウィリアム・サローヤン、チェスの元世界チャンピオンのカスパロフ、テニスのアガシ、それからロッキード事件のコーチャンもアルメニア系である。また、スペインのバスク人ほどではないが、RHマイナスの血液型を持つ人が多い民族としても知られている。

コメント5件コメント/レビュー

うーん、特に目新たらしい内容はありませんでした。啓蒙的な記事ということなんでしょうが、高校の世界史をきちんと勉強して普段から新聞を読んでいる人にとっては常識の範囲内だし。経済についてのもっとつっこんだ情報がほしかったです。それと、近隣諸国のアラブ系と混血したとありますが、アルメニアの隣国にアラブ人は本当にいますか?混血の対象は本当にアラブ人だったのですか?(2007/11/24)

「知られざる欧州の素顔」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

うーん、特に目新たらしい内容はありませんでした。啓蒙的な記事ということなんでしょうが、高校の世界史をきちんと勉強して普段から新聞を読んでいる人にとっては常識の範囲内だし。経済についてのもっとつっこんだ情報がほしかったです。それと、近隣諸国のアラブ系と混血したとありますが、アルメニアの隣国にアラブ人は本当にいますか?混血の対象は本当にアラブ人だったのですか?(2007/11/24)

この記述はアルメニア人虐殺問題を論じていることは分かるが、第1に日本はこの問題の解決にどう寄与すればというような提言が見当たらず、論旨が判らない。第2に何故、ここで「美人」なる語が出て来るのか判らない。第3にドイツ、オーストリアが反対する背景はオスマントルコのウィーンまで攻めてきた歴史的背景から来ている。特にドイツではイスラム教徒である多数のトルコ人がガスト・アルバイターとしてドイツに住み付いたが、ドイツ社会に同化しようとしないからであって、ユダヤ人虐殺問題を差し置いてアルメニア人虐殺問題を論議する余地はない。第4にキプロス問題はトルコ対ギリシャの問題であってアルメニアを絡ませるのはどうかと思う。第4にトルコの米空軍基地は、米国にとってイラク作戦における重要拠点の一つではあるが、これがなくなっても米軍への物資補給システムが麻痺することはない。第5に何故アルメニア問題に何故日本の従軍慰安婦問題を絡める必要があるのか理解できず、しかも一方的な論調で日本非難決議というのは極論だ。まだあるが、以上でとどめておく。(2007/11/23)

この記事から日本人が学ぶことがあるとすれば、アルメニアの様にしたたかになることなのだろう。 国際政治の場では、したたかでなければ生き残れず、他国の勝手な都合で国の運命が翻弄されてしまい、場合によっては存亡の危機にたたされることになる。 日本以外の国は、どの国も他人の顔色を窺って行動することなどなく、自国の国益(金儲けと安全)のみ追求し、他国を慮ることなど決してないのだということだということに我々は早く気付くべきだ。最近の同盟国、米国の日本に対する動きを見れば明らかである。(2007/11/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員