• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第17章 原生花園(2)

2008年1月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 正面スクリーンに、サハリン島南部、北海道、東北北部の地図が映し出された。

 プリゴロドノエにあるLNGと石油積出基地から、青と緑の2本の矢印が延びていた。青い矢印は宗谷海峡を抜け、日本海へと伸びている。緑の矢印は、国後(くなしり)島と択捉(えとろふ)島の間を抜け、太平洋へと延びる。

 「青いほうは、サハリンBのLNG船とタンカーの航路です」

 マイクを手に、金沢の兄がいった。

 「緑の矢印は、夏の間の航路です。……サハリンBだけで、年間250隻のLNG船と大型タンカーが、2つのルートを通過します」

 映像が変わった。今度は、手前に茶色い陸地といくつかの建物、その先に灰青色の海。

 水平線上に、黒っぽい島影が見える。

 「宗谷海峡の写真です。対岸のサハリン島が、肉眼で見えます。海峡の幅は42キロメートルしかありません。ここを年間200隻からの大型船舶が通過するわけです」

 次の映像は、爆発を示すような禍々(まがまが)しい赤い印が宗谷海峡についていた。

 そこから赤い矢印が、オホーツク海岸に沿って、知床の方向に伸びている。

 「タンカー事故が発生した時の油流出のシミュレーションです」

 前提として、冬季の宗谷海峡で5500トンの原油が流出し、風向風速は北北東の風で秒速8メートル(昨年12月の最多風向・風速)、石油連盟の流出油拡散・漂流予測モデル・バージョン7の1を使用したと説明した。

 「油の回収船がオホーツク海に到着するまで3日から4日かかります。一方、流出した油は、2日で雄武(おうむ)の手前まで、4日で網走まで流れてきて、オホーツク海沿岸を総なめにします」

 日頃ののんびりした口調とは打って変わった、強い口調だった。

 「我々漁業者にとって、サハリンBの油流出リスクは、とてつもない脅威です」

 聴いている金沢らは、困惑した表情。

 「日本においては、誰が油流出事故に対する対応の責任を負っているのでしょうか?」

 兄がいい、映像が変わる。

 「サハリンBの油流出事故に関する準備と対応について、平成12年(2000年)2月22日付け『関係省庁連絡会議における申し合わせ』というのがあります」

 スクリーンに、申し合わせの内容が映し出された。

 「各省庁は、以下のルートを通じ、サハリンBプロジェクトに関する情報を可能な限り、収集・整理することになっています。すなわち、外務省は、外交ルート等により、経済産業省は、我が国企業を通じ、財務省は、国際協力銀行(JBIC)を通じて」

 再び映像が変わる。

 外務省~知床の件でまったく役に立たないと分かった

 経済産業省~何をやっているか分からない

 財務省(国際協力銀行)~我々にとって唯一の交渉ルート

 「我々が現在、辛うじて油流出の問題を話し合えているのは、国際協力銀行だけです」

 金沢の兄がいった。

 「知床の件て、何ですかね?」

 財務部の若手が囁いた。

 「今年(2006年)の2月に、知床半島の斜里町付近に、油にまみれた海鳥が大量に漂着した事件だよ」

 金沢がいった。

 北海道漁連(漁業協同組合連合会)環境部は、衛星写真の画像を入手して、ロシア政府に対する照会を、日本の外務省に依頼した。しかし外務省は、ロシア政府の「流出事故なし」という木で鼻をくくったような回答を伝えてきただけだった。また、写真については照会せず、存在自体も公にしなかった。

 「まったく……外務省っていうのは、使えない役所ですね」

 「霞が関最低だよ」

 金沢がいった。

コメント0

「黒木亮連載小説「エネルギー」」のバックナンバー

一覧

「第17章 原生花園(2)」の著者

黒木 亮

黒木 亮(くろき・りょう)

作家

1957年、北海道生まれ。早稲田大学法学部卒、カイロ・アメリカン大学(中東研究科)修士。銀行、証券会社、総合商社に23年あまり勤務して作家に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長