• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

英国:リーダー育成の熱は衰えず

  • スティーブ・モリヤマ

バックナンバー

2008年2月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

英国の国旗

英国の国旗

 前回、福祉国家フィンランドを取り上げたが、「ゆりかごから墓場まで」という有名なスローガンは、英国の労働党が第2次大戦直後に掲げたものである。ちょうどその頃、政府が鉄道や通信をはじめとする重要基幹産業の国営化を推進していたことも相まって、財政赤字は雪だるま式に膨らみ、経済は悪化の一途をたどっていった。

地図

 これがいわゆる「英国病」の始まりである。福祉政策と国有化政策の失敗から国民の反感を買った労働党は、1979年から18年間にもわたって、表舞台から消えることになる。

 代わって登場したのが「鉄の女」マーガレット・サッチャー率いる保守党である。自助努力と効率性をモットーに掲げ、「小さな政府」を目指すべく、民営化、規制緩和、金融改革などを不退転の決意で推し進めていった。

 途中、大量の失業者を生むなど、荒療治な側面もあったが、結果として、外国直接投資や証券投資が急速に増え、経済は回復していった。ただ、公的分野にも市場競争原理を導入し、予算を削った結果、医療や教育分野で問題が生じたため、英国では毀誉褒貶相半ばする宰相だった。

 サッチャーが降りて、同じ保守党のジョン・メイジャーに代わった90年代初頭、英国では、不景気の波がだんだんと大きくなり、不動産市場は大きく落ち込んでいった。ネガティブエクイティと言って、借金の方が不動産市場価値よりも大きくなってしまう現象が起きていた。銀行は差し押さえ物件を売るために、ホテルなどでしょっちゅう差し押さえ物件の競売を開催していた。

 筆者もそれに引き寄せられ、1度参戦したことがある。負けず嫌いの性格がたたり、ついつい競り合ってしまい、高値づかみをしてしまった。勝った時には、力みすぎて思わず立ち上がってしまい、周囲の応札者たちの失笑を買ったのを、今でも覚えている。

不動産市場の活況が続いた

 ところが、ちょうど総選挙でトニー・ブレア率いる労働党がメイジャーに勝った90年代後半から、景気回復や低金利を背景に、不動産市場は回復し、以後、ただひたすら上昇の一途をたどっていった。ブレア前首相は、サッチャー及びメイジャー政権の光と影を冷静に分析したうえで、着実に政策を実行に移していった「優秀な舵取り」として国民に受け入れられたのである。

英国の主な経済指標の推移

 筆者は、約20年前から間近で英国を見てきたが、ちょうどこの頃から、経済がどんどん良くなっていくのが、肌で感じられるほどだった。90年前半までは、街角でよく見かけた若い物乞いたちも、この頃から、あまり見られなくなった。

 直近では、滅多に政策金利を動かさないことで有名なイングランド銀行が、2007年12月、2008年2月と立て続けに利下げに踏み切り、いよいよバブルがはじけるのか、とささやかれているが、米国のサブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)問題が露呈するまでは、とにかく不動産価格が上昇し続けたのである。

 ちなみに、今年2月半ばに英国中堅銀行ノーザン・ロックが、サブプライム問題で経営破綻寸前までいき、政府が国有化による救済を決定したが、これはブラウン首相にとっては、耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶ、選択だったのではないだろうか。

コメント11件コメント/レビュー

日本の戦後教育が転換期に来ていることは、誰もが感じていることではないでしょうか?大学全入時代もやってくるであろう少子高齢化の波に日本がまず取り組むべきは教育であることに異論はありません。エリートを育てる学校を議論する前に日本の教育現場を現代に沿ったものに変えていく勇気を今の国民は持たないと始まらないと思います。国語という日本人の基礎である教育内容がいつまでも1つの教科で有り続けることに疑問を感じます。諸外国の母国語教育は読み・書きだけでなく、聞く・話すを加えて4つの教科として行われています。聞く・話すという基本を教えていかない限り人をひきつけるスピーチや人と意見を交換する技術は身につかないし、リーダーも育たないと思います。いつまでも情報を詰め込むだけの教育や教科書と教師の一方通行の教育方法ではリーダーは育たないと思います。教育内容の細部を専門家が議論したり、学校の運営術を議論するのではなく、子どもたちのために国民が一致して真の教育とは何かを考え、教育の内容を大きく転換するべき時期に来ていると感じます。(2008/02/29)

「知られざる欧州の素顔」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本の戦後教育が転換期に来ていることは、誰もが感じていることではないでしょうか?大学全入時代もやってくるであろう少子高齢化の波に日本がまず取り組むべきは教育であることに異論はありません。エリートを育てる学校を議論する前に日本の教育現場を現代に沿ったものに変えていく勇気を今の国民は持たないと始まらないと思います。国語という日本人の基礎である教育内容がいつまでも1つの教科で有り続けることに疑問を感じます。諸外国の母国語教育は読み・書きだけでなく、聞く・話すを加えて4つの教科として行われています。聞く・話すという基本を教えていかない限り人をひきつけるスピーチや人と意見を交換する技術は身につかないし、リーダーも育たないと思います。いつまでも情報を詰め込むだけの教育や教科書と教師の一方通行の教育方法ではリーダーは育たないと思います。教育内容の細部を専門家が議論したり、学校の運営術を議論するのではなく、子どもたちのために国民が一致して真の教育とは何かを考え、教育の内容を大きく転換するべき時期に来ていると感じます。(2008/02/29)

アメリカにいたとき,4年生カレッジが結構あって,卒業生がいわゆる名門校の大学院に進学していることを知って,何だ,旧制高校相当のものはアメリカにあるじゃないか,と思い,後年,戦後の学制改革の話を事情通らしい大先達に伺ったら,どうもあれはアメリカ占領軍の当初の政策ではなくて占領軍の威を借りた,日本国内での旧制高校・帝国大学というシステムに対する戦前に強かった反感が形をとったものから始まったらしく,実際,一部は,戦前戦中の総動員体制下ですでに実施されていたものだと聞き,一体,どういうことだと感じたことがある.他方,イギリスのパブリックスクールの実態は知らないが,確か,Dawkins の Devil's Chaplain だったと思うが,著者の出身校の話が書いてあって,寄宿制で,24時間開いている図書館だとか,さまざまな工作機械がそろった工場だとか,もちろん,立派な食堂があり,さらに,それらを支える司書や技術者,コックや給仕者のこと,これらの人員や設備のもとで,生徒たちが驚くべき成果を挙げていることが述べられていて,圧倒された記憶がある.戦前の日本の旧制高校でもこれだけのことは実現できていなかったはずである.まさに,ハリー・ポッターの魔術学校のようなものだろうか.なお,フランスの全寮制のグランゼコルも全く知らないわけではないが,伝え聞くオクスプリッジの学寮と違って,朝,起こしに来る係りはいなかったし,従業員のストは日常的でもあったし,制度そのものも今はどうなっているのだろう.(2008/02/29)

筆者の意見に賛成である。日本教育の平等主義は、没個性の温床だと思う。差別と区別は違う。人間それぞれに、もって生まれた才能が与えられており、その才能を小さいうちから伸ばすことがこれからの少子化を踏まえ重要だ。問題は、その才能の発掘手段だが、これだけ科学が発達しているのだから、才能を見抜く術はいくらでもあろう。(2008/02/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長