• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

有効求人倍率:1月は0.98倍 前月と同水準

2008年2月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 厚生労働省が2月29日に発表した「一般職業紹介状況」によれば、2008年1月の有効求人倍率(季節調整値)は0.98倍となり、前月と同水準。有効求人倍率は、求職者1人当たりの求人の割合を示す。倍率が高ければ仕事が見つけやすい。有効求人倍率が1倍を下回ったのは2カ月連続。

 有効求人数(季節調整値)は前月比1.9%減、有効求職者数(同)は1.4%減となった。正社員の有効求人倍率は0.64倍となり、前年同月を0.03ポイント下回った。

 一方、新規求人数は前年同月より9.8%減少した。

 産業別に見ると、前月に引き続き、医療・福祉(4.3%増)、教育・学習支援業(3.5%増)は増加となり、サービス業(19.8%減)、建設業(16.9%減)、製造業(11.4%減)、情報通信業(9.6%減)、運輸業(8.0%減)、卸売り・小売業(5.7%減)、飲食店・宿泊業(4.3%減)は減少となった。

  都道府県別の有効求人倍率(季節調整値)を見ると、最も高いのが愛知県の1.86倍、最も低いのが沖縄県の0.40倍となった。

(NBO)

「経済関連指標」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長