• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

教育費を積み立てるには

  • 内藤 眞弓

バックナンバー

2008年3月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

子どもが生まれたら子ども保険?

 子どもの誕生とともに「子ども保険」に加入するというしきたりが今も生きています。若い新米ママがその母親に勧められるケースが多いようです。子ども保険というのは、親が契約者で子どもが被保険者となり、契約者である親が死亡した時は、それ以降の保険料が免除になります。保険料を払わなくても契約は続きますから、進学時や満期時には契約通りのお祝い金や満期保険金が受け取れます。契約者が死亡するとお祝い金や満期保険金とは別に、毎年育英年金が受け取れる商品もあります。

 しかし、現在は予定利率が低く、保険料には死亡保障分と保険会社の経費も含まれていますから、契約者が死亡することなく無事に満期を迎えますと、貯蓄としてはうまみがあるものではありません。うまみがないどころか、払い込んだ保険料よりも受け取る金額の方が少ない商品も珍しくありません。また、入院時の保障などがセットになっているものもありますが、目的が教育資金を貯めることであれば、「子ども保険」というネーミングにこだわるのではなく、より殖やせる商品を選ぶことを心がけた方がよいでしょう。

 確実に貯めるために、給与から引き去られる一般財形貯蓄や、銀行口座などから決まった日に自動的に積み立てられる定期預金を利用し、ある程度貯まったら、その時点で相対的に有利な商品に預け換えるとよいのではないでしょうか。

 とはいえ、他の貯蓄と区別して子どもの名義で積み立てをしたいというニーズも多いと思われます。子ども名義の口座を作って積み立てるとなると、毎月口座に入金をしなくてはなりません。それが面倒という方もいらっしゃるでしょう。一部の銀行では、最初に手続きをすれば親の口座から出金して子ども名義の口座に自動積み立てできる商品もあります。三井住友銀行の自動積立定期預金サービス「りぼん」や三菱東京UFJ銀行の「スウィングサービス」などです。現在給与振込などで利用している銀行に、このようなサービスがないかを確認してみてはいかがでしょうか。

コメント0

「戦略的・家計運営術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員