• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

終章 クレムリンの攻撃犬(1)

2008年3月24日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 10月中旬――

 英国南東部に位置する小さな町コルチェスターでは、木々の葉が少しずつ色づき始めていた。畑では、秋の収穫の真っ最中である。

 「……父さん、ロシアの連邦院(上院)が、サハリンBの契約の合法性の調査に入ったってさ」

 フラットスクリーンを3つ置いた机の前にすわった息子がいった。

 60代で腹が出ているが、広い額はてらてらと光り、エネルギッシュな風貌である。

 「ほう、そうか。確か、2~3日前は、ロシアの会計検査院が、サハリンBのコストの増額を不適切とする見解をまとめたというニュースがあったな」

 2メートルほど離れたリビングルームのソファで、スープをすすっていた89歳の父親が答えた。スープは、ニンジンとトマトをベースにし、セロリ、キャベツ、ジャガイモなどを入れた農家風である。

 「天然資源監督局が提訴してから、ロシア側の攻撃が激しくなってるなあ」

 補聴器をつけた父親が、ティッシュで口の周りを拭く。

 「結構なことだね」

 息子がにやりとした。アングロ・ダッチ石油の不幸は、彼らの喜びだ。

 2人は、コンサルティング契約に関するもつれから、10年間以上にわたってアングロ・ダッチ石油と6つの裁判を争った。今は、日がな一日、同社に関する批判的なニュースや論評を収集し、自分たちが運営する「www.anglodutchpetroleum.com」という告発サイトに掲載している。

 「攻撃の急先鋒は、天然資源監督局次長のミトボリって男だそうだね」

 紺色のカーディガンを着た息子がいった。

 「スポンサー側は、問題の改善策を近々提案するらしいけど、ミトボリは、環境破壊による損害は、500億ドルを超える可能性があるって吼えてる」

 500億ドルは、約5兆8000億円である。

 「その男、確か昔は、ジャーナリストだったらしいな」

 「ボリス・ベレゾフスキーから、プーチン政権に批判的だった『新イズベスチヤ』っていう新聞の経営を任されてたそうだよ。2003年に突然新聞を廃刊にして、政権に寝返ったらしい」

 ベレゾフスキーは、エリツィン政権の「黒幕」「政商」の名をほしいままにしたオリガルヒ(新興財閥家)である。大手石油会社シブネフチ、航空会社アエロフロート、テレビ局のTV6、経済誌コメルサントなどを自己のグループ傘下に収めたが、プーチンと対立し、横領や詐偽罪による逮捕を逃れるためロンドンに亡命した。

 「ミトボリの背後に、クレムリンがいるのか?」

 白髪の父親が訊いた。かつてビルマ戦線で、日本軍と戦っただけあり、背筋に一本筋金が入った雰囲気である。

 「はっきりとは分からないけど、そうじゃないかな。次の大統領選挙に出馬表明したカシヤノフ(前首相)を、別荘建設で環境を破壊したって、槍玉に挙げたりしてるからね」

 「なるほど」

 「クレムリンのアタック・ドッグ(攻撃犬)ってあだ名があるらしい」

 攻撃犬とは、命令で人に攻撃を加えるよう訓練された犬のこと。

 「アタック・ドッグか……結構だな。マッド・ドッグ(狂犬)なら、なおいいが」

 2人は笑った。

 「そういえば、アングロ・ダッチの社員から送られてきたサハリンBの環境問題に関する内部告発があったんじゃなかったか?」

 父親が訊いた。

 会社に不満を持つアングロ・ダッチ石油の社員たちが、2人が運営する告発サイトに、内部情報を送ってきたりしてきていた。

 「ああ、確か……」

 息子は、机の引き出しを引いた。

コメント0

「黒木亮連載小説「エネルギー」」のバックナンバー

一覧

「終章 クレムリンの攻撃犬(1)」の著者

黒木 亮

黒木 亮(くろき・りょう)

作家

1957年、北海道生まれ。早稲田大学法学部卒、カイロ・アメリカン大学(中東研究科)修士。銀行、証券会社、総合商社に23年あまり勤務して作家に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士