• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スロバキア:
技術者と税優遇で東欧のデトロイトに

  • スティーブ・モリヤマ

バックナンバー

2008年4月24日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

スロバキアの国旗

スロバキアの国旗

 1989年に無血のビロード革命で共産主義と決別したチェコスロバキアは、93年にチェコとスロバキアに分離した。チェコとスロバキアは同じ国だったので、両国は近い関係にあると思うかもしれないが、今は必ずしもそうではない。

 例えば、スロバキアの首都ブラティスラバからチェコの首都プラハまでは、300キロ以上もある。一方、ブラティスラバから、オーストリアの首都ウィーンまで、わずか60キロしか離れていない。首都の距離だけでは何とも言いにくいが、スロバキア人にとってはチェコよりオーストリアの方が近いと感じる部分もあるだろう。

スロバキアの地図

 スロバキアは2004年にEU(欧州連合)に加盟している。EU加盟は、ソ連が崩壊した1991年から準備を整え始めた。当時のチェコスロバキアは、ハンガリーとポーランドの3カ国で、EU加盟に向けて協力団体(ヴィシェグラード・グループ)を結成している。

 その後、チェコとスロバキアの分離に伴い、2004年に揃ってEU加盟を果たした。そして、今、来年1月1日から、スロベニアに続き、東欧で2番目の欧州通貨同盟(ユーロ圏)に参加できるかが、焦点となっている。

 スロバキアは、コソボ独立の際、スロバキア議会が即座に独立を承認しないという決議をした。それは、国内に住むマジャール人(ハンガリー人)たちの存在がある。

 スロバキアはかつてハンガリー王国の一部だった関係で、今でも人口の10%ほどのマジャール人が国内に住む。スロバキア政府としては、コソボ独立で、ハンガリー系の独立の気運が高まることを恐れたのであろう。

兵器製造で鍛えた技術力を自動車製造に

 スロバキアの2007年のGDP(国内総生産)成長率は8.8%とも言われ、経済は絶好調である。その背景には、海外自動車産業の誘致に成功したことが1つにある。

スロバキアの主な経済指標の推移

 スロバキアにはドイツのフォルクスワーゲンやフランスのプジョーシトロエングループ(PSA)や韓国の起亜自動車が生産拠点を設けている。PSAの生産能力は、2003年に年間45万台、起亜自動車は2004年時点で30万台となっている。

 チェコスロバキア時代は、チェコ側は工業国として栄えていたが、スロバキア側は、農業中心の低開発地域と見られていた。その国が、なぜ、自動車産業の誘致に成功したのか。

 実は、スロバキアは、地理的に旧ソ連側にあったこともあり、冷戦時代、西側の脅威からより離れているなどの理由で、国営軍需工場をはじめ重工業製造拠点が多数置かれていた。

 ソ連崩壊後は、こうした国営企業の民営化に伴い、大量の失業者を生んだ。しかし、別な見方をすれば、スロバキアには、優秀な労働力を容易に確保できる土壌があったことになる。

 ソ連時代に培われた機械工学のノウハウは、大学等の教育機関や年輩の労働者の中で温存され、新しい世代に継承され、今では質の高い技術者が採れる国としても知られている。

コメント0

「知られざる欧州の素顔」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官