• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ベトナム経済の変調と金融市場の混乱

  • 竹島 慎吾

バックナンバー

2008年6月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ベトナムは近年、中国やインドと並ぶ高成長国として注目を集めてきた。しかし、2008年に入り、インフレが高進、貿易赤字が過去最高を記録するなど、実体経済に変調が生じている。足元で最も大きな変調が生じているのは金融市場である。

 2007年に史上最高値を記録した株価は、5月上旬から6月中旬にかけて25営業日連続で下落、足元はピーク時の約3割の水準にとどまっている。為替市場ではドンが対ドルで史上最安値を更新している。中央銀行は輸出競争力を維持するために、年率1%程度のドン安へ誘導してきたが、2007年終盤、インフレを抑制する目的でドン高誘導へ転換した。

 しかし、2008年3月下旬に成長率鈍化、物価上昇、貿易赤字の拡大傾向が鮮明になると、ベトナム経済の先行きに対する悲観論が台頭、ドンの先安感が強まり下落に転じた。その後も、インフレが一段と加速したことからドン安圧力は一段と高まり、6月4日、市場レートは1ドル=1万8000ドン台の過去最安値を更新した。6月10日、ドン安圧力の高まりを受け、中銀はコアレートの2%切り下げに踏み切った。

ベトナムの株価動向

ベトナム発の通貨危機の可能性

 目下の懸念は、ベトナムが1997年のタイバーツ危機のような状況に陥るのではという点である。

 アジア通貨危機の本質は、短期間に大量に海外から流入した資本が、一気に流出することで生じる「資本収支危機」であった。ベトナムの国際収支を見ると、経常赤字の多くは、長期性資金である海外からの直接投資(FDI)及び中長期ローンでファイナンスされており、短期間に大量の資本が流出することは考えにくい。

 他方、短期資本は2006年に流入超に転じたものの、その割合は依然小さい。2007年のデータは未発表であるが、株価が高騰したことを考えると、越僑資金など短期資本の流入が増加した可能性はある。

 しかし、同年のFDI認可額が過去最高を記録していることから、引き続きFDIが相応の割合を占めていると考えられる。以上の理由で、株式や為替市場など金融市場の混乱は続く可能性はあるものの、大量の資本流出によって生じる通貨危機に陥る可能性は、現時点で必ずしも大きくないと言えそうだ。

中銀の信頼性を維持できるか

 ただし、以下の2点に留意する必要がある。1つは、FDIの投資先を見ると、不動産関連の割合が増加している点である。2006年以降、不動産及びホテル・観光向けの投資が急増、2008年1~5月期は投資全体の約7割を占めた。

コメント1

「Money Globe ― from Asia(竹島慎吾)」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック