• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「だまされても救われない」日本の投資家

ライブドア訴訟、賠償額はスズメの涙

2008年7月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 赤字であるのに黒字であると見せかけて投資家をだまし、損害を与えた――。

 東京地方裁判所は6月中旬、有価証券報告書の虚偽記載によって投資家に損害を与えたとして、ライブドアホールディングス(旧ライブドア)に対して、日本生命保険と信託銀行5行に95億円を賠償するよう命じた。

 これは画期的な出来事である。賠償請求額108億円に対してその9割近い95億円が実際の損害と認められたからではない。信じにくいことだが、日本ではこれまで投資家は「だまされても救われない」環境に置かれていたからだ。欧米では「だまされたら救われる」が常識。つまり、その分だけ日本株への投資リスクは欧米諸国よりも高かったのだ。

1997年の破綻事件では、株主敗訴

 「だまされても救われない」代表例を1つ紹介しておこう。

 そもそも粉飾決算など不正な情報開示を争点にして企業が投資家から訴えられることはめったになかった日本だが、1997年に破綻した山一証券の粉飾事件では例外的に訴訟が起きた。簿外債務の存在を知らずに、破綻直前まで山一株を持ち続けた従業員株主が原告となって損害賠償訴訟を起こした。だが、最終的に株主側が敗訴した。

 破綻直前まで経営陣の言葉を信じて自社株を持ち続けたのだから、山一の株主は救済されるべきだった。例えば、不当表示にだまされて欠陥商品を買わされた消費者は、当然のように業者に賠償してもらうだろう。これに異を唱える人はいないはずだ。ところが、株式市場では非常識がまかり通り、山一の株主は欠陥商品(破綻状態にある企業の株式)を買わされたにもかかわらず、司法の場でも救われなかったのだ。

 その意味でライブドアに対する東京地裁の判断は画期的だ。とはいえ、日本が欧米並みに「だまされたら救われる」環境を整えたのかと問われれば、答えはノーだ。

6000億円に95億円

 それを象徴しているのが95億円という賠償額だ。世界の常識と照らし合わせればスズメの涙だ。なにしろ、ライブドア株を買った投資家は全体として約6000億円の損害を被っているのだ。日生と信託5行による訴訟以外にも、3000人以上の個人株主が原告となっている「ライブドア株主被害弁護団」など、ライブドアは同様の訴訟を多数抱えている。これらの訴訟で請求額通りにすべて満額の賠償金が認められても、1000億円に遠く及ばない。

コメント4件コメント/レビュー

「日本の株式市場は投資家にとっては暗黒大陸のような世界だった。」とうとう出てきましたこのフレーズ。これまでの記事を見ても、この感想が筆者の主観の中心にある事は容易に推測されます。しかしながら、実際には、「日本の株式市場は本当に暗黒大陸だ」が正しい使い方ですよ。「地図と状況が明らかになっている海岸付近で貿易して儲ける人」「中で何やっているかわからないけど、ちゃんと生活している原住民と動物」「一攫千金を夢見て奥地に分け入る探検家」が生活していて、普通の人はお話で想像するだけの別世界。それが、日本の株式市場なのですよ。(2008/07/07)

「牧野洋の「世界の常識・日本の非常識」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「日本の株式市場は投資家にとっては暗黒大陸のような世界だった。」とうとう出てきましたこのフレーズ。これまでの記事を見ても、この感想が筆者の主観の中心にある事は容易に推測されます。しかしながら、実際には、「日本の株式市場は本当に暗黒大陸だ」が正しい使い方ですよ。「地図と状況が明らかになっている海岸付近で貿易して儲ける人」「中で何やっているかわからないけど、ちゃんと生活している原住民と動物」「一攫千金を夢見て奥地に分け入る探検家」が生活していて、普通の人はお話で想像するだけの別世界。それが、日本の株式市場なのですよ。(2008/07/07)

そもそも、まともな“投資家”が居るのか? というところに行き着く気がします。日本の株式において、個人投資家、というものは、無駄・無理・無茶 だと思います。だいたい、だまされた、などと言っているのは、個人投資家がメインであって、機関投資家は、キチっと見定めて、ライブドアなどは、どんどん買わなくなっていっていたハズです。投資家だと言うのなら、ちゃんと株主総会に出て、おかしいと感じる部分はおかしいと指摘しなければならないのは? また、そういうことを、感じられないのであれば、株などやらないほうが、身のため、ではないでしょうか。(2008/07/07)

 確かに「一歩前進」ではあるかも知れませんが、「なぜ、ライブドアばかりか」という逆立ちした批判にこたえるためにも、比べものにならない不法行為を繰り返しながら野放しにされている「大物」の立件こそが必要であると思います。 「一罰百戒」という言い訳はやめて、「百罰百戒」を原則とすべし。(2008/07/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長